カメラへの思い

フィルムで撮っていた僕が、ある日デジカメで試したこと。

Nikon D300にオールドニッコールをつけて。

正確にいうと、その当時デジカメはGRだけは使っていたんだけど、あとはほぼフィルムカメラで撮っていた。カメラはNikon FE、Nikon F2、Leica M3、Konica C35なんかを使っていて、それこそ毎週数本のフィルムを現像出ししていた頃だ。

フィルムカメラについては、その描写の素晴らしさに魅せられていたんだけど、もうひとつクラシックなカメラがおもしろい!とトリコになっていたのが「露出」だ。

それこそ機械式カメラでフルマニュアルで露出を合わせて撮ることが、なんかカメラに撮ってもらってるんじゃなくて「じぶんがカメラを操って撮ってる」ということに楽しさを見出していて、それもフィルムカメラを好む要因だった。

でもある日、ひょんなことから「もしかしたら、デジカメだってマニュアルで露出を合わせて撮ったら、同じように楽しいんじゃないか」と、ふと思ったんだよね。

で、試しにやってみようと、中古で安いデジタル一眼レフNikon D300を手に入れて、フィルムカメラで使っていたNikonのMFのオールドレンズを装着して、それこそラティチュードはめちゃくちゃ狭いんだけど、フィルムカメラと同じ要領でマニュアルで露出を決めて撮ってみた。

「お、やっぱりこれ、楽しいじゃん!」と。

そりゃラティチュードの広いフィルムカメラと比べると露出を合わせるのはなかなかシビアなんだけど、それゆえに楽しいというか、デジカメだからいくらでも失敗できるし、その場で露出が合っていたかも確認しながらいろいろ試せたりで、思った通り、これは楽しいかも!という発見がじぶんの中にあった。

で、フィルムニコンで使っているオールドレンズはたくさんあったから、これはデジカメでもあらためて楽しみたいと思い、そう、満を持してNikon Dfを新品で購入するに至るのである。

Nikon Dfを手に入れた夜

それまでNikon Dfの存在を意識したことはなかったのに、デジカメでもマニュアルで露出を合わせて撮ること、マニュアルフォーカスのオールドレンズで撮ることを楽しもうと考え始めたら、途端にこのカメラが物凄く魅力的に思えた。世間がD850発売に沸いてる時に、僕はその騒ぎをよそにめでたくNikon Dfを手にしたのだ。

もちろん、楽ちんに絞り優先で撮ったりもするんだけど、このカメラの魅力はなんといってもクラシックな物理ダイヤルが並ぶそのスタイル。やはり、マニュアルでダイヤルをカチカチやってじぶんで露出を合わせて撮るのが楽しいカメラなんだよね。

僕は間違いなく、このDf手にしたことで「フィルムが〜!とかデジタルが〜!」とかっていう必要以上に区別することがなくなった。デジタルだってマニュアルで撮れば、フィルムで撮るように味わい深く楽しめるじゃん!と大いにカメラの可能性を感じ取ったのである。

その延長線上で手にしたのが、同じくクラシックなスタイルのFUJIFILMのカメラたち。やっぱり、あいかわらずダイヤルをカチカチしてマニュアルで露出を合わせて撮ることを楽しませてもらってる。おまけにFUJIFILMのカメラはフィルムシミュレーションという「フィルム描写」気分まで味わえるから、個人的にはものすごく感動している。いや大袈裟ではなく、本当に。

FUJIFILM X-Pro3

こういうカメラ遍歴を経てきたから、僕のカメラ選びは現在のようになったことは必然で、そのベースには機械式カメラでマニュアルで露出を合わせて撮る楽しみ、というのがある。デジカメに求める要素もフィルムカメラと同様だから、逆をいうとあまりハイスペックな機能が無くてもまったく問題ないタイプの人間だ笑。

むしろ、いろいろ操作が複雑化するとじぶんの撮影リズムが崩れるから、カメラはとにかく機械式カメラのようにシンプルがいい。その中で、じぶんで露出を探していくことがクイズのように楽しいのだ。

これ、たぶん、ほとんどの人には理解されないような気がするけど笑、そうそう、M型デジタルライカで撮ってる人なんかには共感してもらえるかもしれない。僕もこの撮り方ゆえにM型デジタルで撮っていた時期がやっぱりあるから。これだけハイテクの時代に、なんともあまのじゃくみたいな行為でアレなんだけど笑。

Leica M-P typ240

万一、この話に共感してくれて、じぶんもデジタルでもマニュアルで楽しんでみようかなという人は、ぜひ、最初は安い中古のデジタル一眼レフ(ただしオールドレンズが使えるもの)を調べて、まずはそれで試してみたらいいと思う。で、デジタルでもこれならおもしろいかも!と思うなら、そこからたぶん、写真とカメラの楽しみ方の幅がきっと広がると思う。

僕が当時、Nikon D300を中古で手に入れた時は、たしか2万円程度だったと思うから、試して遊ぶには無理のない範囲でカメラは見つけられると思う。なんといっても、いくらでも失敗が許されて、その場で露出が合ってるか確認できるのがデジカメの良さだから、露出を極めるテスト(いやクイズ笑)だと思ってトライしてほしい。想像以上にかなり楽しいと思うよー。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。