FUJIFILM X-E4

X-E4とX100V、どっちを選べばいいのか問題について。

FUJIFILM X-E4 and X100V

もう後継機は出ないんじゃないかと巷で言われていたX-Eシリーズの最新機X-E4が、なにやらいっそうカメラ好き向けにパワーアップされて登場したことで、世のコンパクト機好きの人たちの間でうれしい混乱が起こっているのではないかと思う。

そう、X-E4とX100Vのどっちにしたらいいの?問題である。

X100V、僕はブラックボディにした。 なぜこのタイミングでX100Vを欲しいと思ったかは、ひとつ前のポストを見てもらうとして、結局僕が手にしたのはブラックボディのX1...
フィルムカメラ時代好きな人間のハートを撃ち抜く、FUJIFILM X-E4。 けっこう悩んだんだよ、本当にX-E4を手にすべきかどうか。というのも、僕はX-E3を持ってるし、クラシックネガで撮れるコンパクト...

いや、問題ではないけど、悩ましい選択であることはたしかなんじゃないか。なので、なぜかその二台をどちらも所有してしまった僕の独断と偏見で、この問題点を解いていきたいと思う。

FUJIFILM X-E4 and X100V

といっても解答方法は簡単である。「レンズ交換式の必要があるかどうか?」、もうこれだけ。いや、じぶんはメイン機は他にシステム機かあるからサブ機はレンズ固定式でいい、というならX100VでOK。というかX100Vがいい。間違いなく、プロダクトとしての作り込み、精密機械としての塊感、満足感はX100Vのほうがあります。

FUJIFILM X-E4 and X100V

でも、いやいやじぶんはやはり「レンズ交換式」がいい、サブ機というよりは一台のカメラであれこれレンズ交換して撮影の幅を楽しみたいという人や、オールドレンズをいろいろ試してみたいなんて人は、もうシンプルにX-E4になる。やれ、機能の差のことをいえば細かくは違いはあるけど、この二台のどちらを選べばいいか?の争点は、もうこの「レンズ交換式が必要かどうか?」に尽きる。他のことで迷ってはダメです笑。

FUJIFILM X-E4 and X100V

いや、厳密にいえばX100Vなら光学ファインダーで撮れるとか、X-E4ならETERNAブリーチバイパスで撮れるとか違いはあるけど、実際に使ってみて思うのはそんなことは些細なこと。冒頭、作り込みはX100Vが優れていると言ったけど、ほぼそれと同じくらいX-E4の作りは素晴らしいわけです。だから、質感の差では選び切れない。とにかくレンズ交換ができるかどうかの一択です。

FUJIFILM X-E4 and X100V

まあ、でも、少し論点がズレた話をするとするなら、そもそもどちらを選択するかではなくて、このX-E4とX100Vの二台があれば他のカメラは必要ないんじゃないか?ってことです。かたやX-E4があれば広角から望遠までフルサイズに引けを取らないFUJIFILMフラッグシップ機X-T4となんか変わらない写りが楽しめるわけです。

で、そんなX-E4のサブ機としてレンズ固定式のX100Vを一台持っておく。どう?これ最強でしょう笑。逆でもいいよね、X100Vをメイン機にストリートスナップなんかを撮って、ふとたまにX-E4でレンズ交換を楽しむ、みたいなね。これもまた最高笑。

でもね、それをいえば、X-E4はパンケーキレンズなんかをつければ、それこそX100Vと同等のコンパクトスナップシューターができあがる。究極をいえば、X-E4一台あれば事足りるわけです。一台だけで運用したい人は、この選択になるよね。というわけで、完全に独断と偏見だけど、いちおうユーザーレポートということでご査収ください。

追伸)というわけで最終的にX-E4にしよう、と決算がついたひとは、最後にいちおう念のため、この動画をご覧ください。では、よいカメラチョイスとカメラライフを^ ^

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です