写真とは

この一ヶ月間で7台のカメラが増えてるな。今年はもう打ち止めにしよう。

口火を切ったFUJIFILM X100V

12月も半ばになったんで、そろそろ今年のふりかえりなどが頭をよぎったんだけど、考えてみると一年どころかこの一ヶ月間くらいにカメラが7台増えてるという驚愕の事実が判明する笑。いやほんとに自覚は無かったんだよね。

X100V、僕はブラックボディにした。 なぜこのタイミングでX100Vを欲しいと思ったかは、ひとつ前のポストを見てもらうとして、結局僕が手にしたのはブラックボディのX1...

その口火を切ったのは、FUJIFILM X100Vだった。フィルムを取り巻く環境に一抹の不安もあったのか、クラシックネガで撮りたいと思ったことがきっかけ。そして見事にハマることになる。

これぞミニマル。Pentax Optio H90がやって来た。 ここ一、二週間かな、夜のランニングコースを少し変えてみたところ、ちょうど走り終えてクールダウンするポイントあたりにリサイクル系の...

その後が、Runの途中に見つけたコンデジ、Pentax Optio H90。これはもう見た目だけで手に入れた笑。カメラは見た目が9割だから。いやほんとに。

初代機「X100」リミテッド・エディションの誘惑。 まあ結論からいえば、X100シリーズの初代機を手に入れたのである。現行モデルのX100Vを持っているのに、なぜ何世代も前の初代機...

その後かな、X100Vで撮り歩くうちに、クラシックネガ以上にこのX100シリーズというプロダクトが気にいるようになって、そのルーツを探りたいと考え始め、初代機X100を手に入れたんだよね。この選択も間違ってなかった。すっかりFUJIFILM Xシリーズに魅せられることになる。

やっと僕のところにも来た、ゴールド色のNikon U2。 Nikon U2については特別に欲しいというより、フィルムニコン好きなら持っておかないといけない一品というか、ニコン使いの僕とし...

そして、やっぱりフィルム機なんだけど、Nikonフィルム中級機のラストを飾ったNikon U2の美品にお店で出会い、これも値段は驚くほど安いから即決で購入。試し撮りもしたけど、軽量コンパクトで正確な露出計。これは買いだった。

「僕のX-E3」が帰ってきた話。 そう、「僕のX-E3」とはまさしく僕が実際に所有していた正真正銘の愛機そのものなんだけど、しばらく前にカメラの整理をした際、一度...

で、フィルムカメラでひと呼吸置きつつも、とにかくFUJIFILM X100シリーズとの毎日でフジのコンパクトなカメラの魅力を大いに再認識。そして買い戻すことになるのである、僕のX-E3を笑。

記憶カメラは、Minolta HI-MATIC AF-Dを手に入れた。 本当は、とあるカメラを受け取りに馴染みの店へ寄ったんだけど(とあるカメラの話はまた後ほどで。)、そこでなんかやけにイケてる顔つき...

あとはもう直近の話だけど、初めてかなあ、フィルムコンパクトのAF機、Minolta HI-MATIC AF-Dを手に入れる。たぶん、フジのコンパクト機たちのあの大きさが僕の中で癖になり、そこにドンピシャはまったフィルムコンパクトだったんだと思う。

記憶カメラは、Kodak Pocket Instamatic 20を手に入れた。 そして、ひとつ前のブログに書いた「とあるカメラの受け取り」というのが、実はこのKodak Pocket Instamatic 2...

そして最後はやはりフィルム機、Kodak Pocket Instamatic20。まだ試し撮りもしてないんだけど、いちおうLOMOから復刻されている110フィルムは入手してあるんで、恐る恐る撮ってみたいとニヤニヤしている。

というわけで、備忘録的にざっと書き残してみた。7台といっても驚くほど安いモノがほとんどだから、僕が好むカメラたちは割と懐に優しいし、けっこうかしこくカメラ人生を歩めているのではないかと思ってる。とはいえ、カメラは何台あっても体はひとつ。今年はそろそろ打ち止めにしておこうと思う朝なのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です