Fujifilm X100

FUJIFILM Xシリーズ初代機「X100」リミテッド・エディションの誘惑。

Fujifilm X100 Black limited Edition

まあ結論からいえば、X100シリーズの初代機を手に入れたのである。現行モデルのX100Vを持っているのに、なぜ何世代も前の初代機をいまさら手に入れないといけないのかと問われても、明確に弁明はできない。ただ、たまたま昨日お店のショーケースの中に見つけて、気になっていたのである。

なぜ「気になったのか?」を考えるに、まず僕は「初代機」が好きということがある。そのカメラのルーツなるものにとても惹かれるのだ。大抵、僕の所有するカメラたちは初代機か、スペック的に初代機的なモノが多い。フィルムカメラもデジカメも、そのモデルに惚れると、そのカメラが誕生する時に開発者たちが製品に込めた熱量みたいなものを垣間見たくなる、とでもいえばいいだろうか。

Fujifilm X100 Black limited Edition

ショーケースには隣にX100Fもあったんで、二つとも出してもらいX100とX100Fを実際に触り比べながら、その違いなんかも確かめた。とはいえ、僕の中では照準はX100初代機に定まっている。そうやって見比べると、このX100初代機が実にクラシックな造形であることがわかる。いかにもモダンなラインのX100FやX100Vと比べると、とても人間味のあるラインで構成されている。

そして、このX100初代機は「リミテッド・エディション」だということが分かる。いや、普通にブラックモデルだと思ったんだけど、どうやらこの時期のX100はシルバーモデルだけが先行して販売され、このブラックモデルはその後、スペシャル版的に登場したようなんだよね。僕は当時のことは知らないんで、ほう、それでこんなに綺麗に保管されていたのかと。とにかく美しい個体なのである。

Fujifilm X100 Black limited Edition

それと、先代までのレンズで撮ってみたいという思いもあった。X100Vから新設計となったF2レンズは開放でもシャープな描写になったといわれるが、先代までのレンズは開放時は独特のオールドレンズ的な描写になるといわれ、いまだにファンが多いと聞く。そのファンを惹きつけて離さない先代レンズを試しでみたかったのである。

しかし、なによりショーケースで目が合った時のインスピレーションが大きい。ブラックモデルで、しかもどこか塗りが濃厚で人間味のある造形を引き立たせている。ストラップも革ケースも未使用で保管されていて、これは前オーナーに感謝しかない。フィルターこそ欠品してたけど、それはX100V用に購入してあるアダプターリングとフィルターが装着できるのではと淡い期待も。なんにせよ、撮ることはできる。

物理的に考えれば、X100Vがあるなかで、このクラシックともいえるX100初代機を手に入れる必要はまったく無いんだけど、そこがカメラの奥義なのである。ひと足早くじぶんへのクリスマスプレゼントということで今年を締めたいと思う。それにしても、シャッターを切るのが楽しみで楽しみでならない。(↓下の商品は2nd世代のリミテッド・エディション)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です