FUJIFILM X100V

X100Vに、NiSi UHD UVフィルターつけてみた。

X100V, NiSi UHD UV フィルター

X100Vを購入した際に、そのボディの薄さを損なわずに、でもレンズ部は守りたいと思って、アダプターリングと社外品フィルターを購入したんだけど、ブラックのアダプターリングの到着が遅れていたこともあり、試しに別の社外品フィルターをネットで調べて購入したんだよね。それがこのNiSi UHD UVフィルター。

このフィルターのことは、X100Vのフィルターやフードでネット検索すると割と多くの人が触れていて、装着例の写真を見ては「薄っ、これイイかも」と思っていて、値段も割と安かったんで、まずは試してみることにした。(なので、純正のアダプターリングと社外品フィルターはまだ未開封のままという笑。でも、後々のために。)

X100V用 NiSi UHD UV フィルター
X100V用 NiSi UHD UV フィルター

こんな風にけっこう丁寧な作りのパッケージの中に収まってる。みんなが言う通り、社外品のイメージとしてなんとなくある安っぽさみたいなものはまったく感じない。装着の仕方もいたって簡単だ。レンズ最前部のリングをクルクルと回して外したら(このリングは無くさないように大切に保管)、あとはこのフィルターを同じようにクルクルと回してはめるだけ。

X100V, NiSi UHD UV フィルター
X100V, NiSi UHD UV フィルター

むむむ、なかなかイイじゃないか!って感じでしょ?。みんながこのフィルターを褒めてるのは、なんといってもこの薄さと質感。普通だとX100Vにフィルターを装着するためには別途アダプターリングを間にひとつ加えないといけないんで、どうしてもレンズ部が厚くなるんだよね。あと繋ぎ目が出てしまう感じ。それがこのNiSiのフィルターだとアダプター無しで装着できてしまう。しかも、意外と材質のスチールの質感、塗装がいい。なるほど、みんなが良いと言うワケだと。

X100V, NiSi UHD UV フィルター, 純正レンズキャップ

あと、これもみんなが絶賛してるけど、あの富士フイルムの異常なまでのこだわりといえる凄く上質な被せ式レンズキャップをそのまま装着することができるのだ。これは純正フィルター装着でも不可能なこと。そんなこんなで、このNiSiのフィルターは、フードよりもできるだけ薄いボディのまま使いたいというX100Vユーザーに人気なんだろうね。

X100V, NiSi UHD UV フィルター

で、僕もまさにそうで、フードの遮光性は気にしつつも、スナップシューターとして使うなら、あの固定レンズならではのX100Vの薄さは大事にしたい。なので、ほぼ原型のままの厚みで、かつレンズ部のぶつかり防止ができるこのフードは、まさに合格なのである。ブラックボディにも実に収まりがいい気がする。どうだろう。

なんか、半年以上遅れた話題を今ごろ追いかけていてアレなんだけど笑、いちおう備忘録として、またたまたまこのサイトに立ち寄ってくれた人のためにポストしておいた。しばらくはこのフィルターで過ごしてみて、その結果、未開封の純正リングアダプターらをどうするかは考えたい笑。それにしても似合ってるな、このフィルター。

追記)そうそう、僕のフィルター個体はネジこんで装着してみると、みんなみたいな文字がレンズ下部にはこなかったんだけど、まあこれはこれで白抜き文字は雰囲気あるんで僕はいいかと。このへんは個体次第だろうね。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です