FUJIFILM X-E3

最近はFUJIFILM機の記事が読まれてるから、懲りずに今日も。

FUJIFILMのカメラたち。X100、X100V、X-E3。

こうやって見ると、なんだか似たようなカメラがこんなにいくつも必要なのか?と言われそうだけど、似ているから必要だし、集まるんだよね、必然的にね。それはもう、この見た目、サイズ、撮影フィールがとにかく気に入ったゆえの事象なんだ。

まあ突き詰めると、本当にこれぞと感じたカメラならサブ機も含めて同じ機種のカメラを複数台持てば理想なわけで。でも、それだとさすがに使用感としてもワンパターンで、プロの写真家ならともかく、アマチュア写真愛好家としてはもう少しカメラの振り幅も楽しみたい。そうすると、こんな風にまったく同じではないけど「似たようなカメラたち」が揃うことになる。

でも自慢じゃないけど、このX100初代機、X100V、X-E3というバリエーションは最高にいいよ。まずライカでいえばバルナックでありM型初代M3にあたる、Xシリーズの原点X100初代機。これはもう性能云々よりFUJIFILM Xのルーツだから、たとえ多少動作が遅かろうが、それが味でありヒストリーそのものなのである。僕は運良くBLACK LIMITED EDITIONを手に入れることができたけど、見つけたら買いだよ。比較的手頃な値段で手に入れられるしね。

X100V、これはもう現行機の中ではイチオシのカメラ。レンズ交換式じゃないが故に、開発者の意図がギュッと凝縮された、なんというかある種「完成形」のFUJI機と言っていいだろう。X100シリーズの5代目にあたる超熟成プロダクトだから、まあ隙という隙が見当たらない。それはつまり、手に入れた時の幸福度が凄いってこと。よくぞ、こんなエモーショナルなカメラ作ったよね、富士フイルムさんは。

そして、レンズ固定式のX100シリーズとは趣が異なるレンズ交換式カメラ、X-E3。とはいえ、そのコンパクトさは犠牲になっていない。僕のようにコンパクトなレンズを装着すればX100ライクに使えるし、ズームレンズを装着すれば万能カメラに切り替わる。ハイブリッドファインダーや最新のフィルムシミュレーションは無いけど、それも含めてミニマルな隠れ名機と言っていいだろう。同じ物を買い戻したぼくが言うのだから間違いない。

つまり、撮るシチュエーションで多少の差異が欲しくてカメラを持ち替えたとしても、その根底に流れる「使いよさ」は変えたくない…そのじぶんの中での小さくも意外と大きな流儀みたいなものが一貫して得られる三台なのである。

カメラはおもしろいよね。やはり写真を撮るって行為は五感とか本能が影響するものだから、じぶんの感性にフィットしたものを身体が欲する。僕の場合でいえばFUJIFILMのこうしたコンパクト機たちが濃く太く刺さったわけである。デジタルライカも最新フルサイズミラーレスも使ってきたけど、僕がたどり着いたのはFUJIFILMのこれらの世界。こんなにそばにあったモノなのに、これまでそれに気がつかなかったのがちょっと不思議なくらい。

少し前のブログにも書いたけど、いろんなカメラに巡り会う過程は「沼じゃなくて旅だ」と思っていて、理想のカメラにたどり着くまで、僕らはずっと旅の途中のようなものなんだよね。じぶんの目であり足であり手であるからね。人生そのものなんだよね、カメラ選びは。さて、あなたの理想のカメラは何ですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です