FUJIFILM X-E3

あらためてFUJIFILM X-E3を惚れ直しているところだ。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type

だって、どう見たって、まずこのルックスが最高にクールでしょ。自画自賛みたいになっちゃってるけど、これは一人の実際のユーザーの声なのだから、決して嘘にはならないと思う。

私見だけどボディカラーはブラックがいい。もともとX-E3はEVF専用機だから採光窓が無く、正面から見ると鉄仮面のような出立ちなんたけど、それゆえ全身がブラック一色に見えてなんともいえない引き締まったクールさを醸し出す。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type

そこに僕は小ぶりにブラックアウトされたカラースコパー・クラシックタイプのレンズを装着している。これがまた、かなりしっくりくる。鍛え上げられたアスリートの筋肉質みたいなルックスになるんだよね。

アダプターは安めのK&Fのものを使用してるけど、これも色合い的にはブラックに刺し色としてのレッドが効いていて、X-E3のカラーリングにも実に良く似合う。精度もきっちり出ていて、無限遠のズレもない。(PEN-Fだと多少オーバーインフになる)

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type

純正の革ケースを外したことも大きいかな。購入時に付いてきた革ケースだったから、最初はせっかくだからと装着して使ってたんだけど、気分一新で外してみると、これが何かを脱ぎ捨てたように軽やかになり、ソリッドなカッコよさも増したように思う。

写りは、これはもう主観もあるから、僕が撮った写真たちを「雰囲気」で見てもらうしかない。けれど、なかなかやるなと思うし、そもそも写り以前に「外へ持ち出したくなる軽快さとクールさ」がこのX-E3の真骨頂ではないかと思う。

FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E3, Color-Skopar 35/2.5 C-type

最新のフィルムシミュレーション「クラシックネガ」なんかは搭載されていないけど、このクールなX-E3ならそもそもクラシッククロームやアクロスで撮りたくなるところがあるから、ストリート使いなら特に違和感も無いだろう。

まあ、こう書くといいとこだらけなわけだけど、それは割と事実なんで、書き殴るようにその魅力を書き残してみた。機能もある程度は大事だけど、趣味のカメラはルックスと軽快さが命。そういう意味では合格すぎるのが、このX-E3というカメラだ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です