FUJIFILM X-E3

ことしの僕の夏用カメラは、PEN-FとX-E3。

OLYMPUS PEN-F, M.Zuiko digital 14-42

去年の夏用カメラはRICOH GRIIIとLeica X2だったけど、今はもう手元には無い。二台ともいいカメラだったんだけど、ファインダーレスの背面モニター仕様のカメラだったから、晴れた夏の日中だとモニターはほとんど見えない。

まあそれはそれでノーファインダー感覚で撮ると割り切れば面白かったんだけど、やっぱり僕はファインダーの中の世界が好きなんだよね。落ち着くところ、ことしの夏用カメラはOLYMPUS PEN-FとFUJIFILM X-E3となった。

僕の富士フイルム機であるFUJIFILM X-E3。

夏はね、やっぱり小ぶりなカメラを使いたくなるんだよね。うだるような暑さの中、大きく重いカメラを持ち出すのはなかなかしんどいし、汗が滴るのを避けながら持ち歩くには、軽量コンパクトなカメラのほうが取り回しもずいぶん楽になる。

レンズも小ぶりなものがいいなと思い、X-E3には僕の最もお気に入りのレンズColor-Skoparを。そして、PEN-FのほうにはパンケーキズームのM.Zuiko 14-42と、それぞれ僕なりの夏仕様にしてみた。カメラはカラダと一体になるところがあるから、カメラが軽いとカラダも軽くなる。ついでに気分も軽くなるよね。

そろそろ、STAY HOMEも開けて、世界も外へ目をやることが許される環境にはなってきた。少しずつだけど、行動範囲を広げる気軽な相棒として、コンパクトなカメラとレンズを用意してみるのはどうだろう。そう、うだるような暑さの中でも、もう一歩踏み出せそうな気がするコンパクトな夏用カメラ。しかもファインダーがあれば、夏の望遠鏡気分も味わえる。夏はもうすぐそこだ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です