Rollei35

あのモデル写真家の川辺優紀子さんのRollei35Sの続編動画がアップされていた。

これは僕のテッサーレンズのRollei35

先週かな、たまたまYouTubeで見つけたモデル写真家の川辺優紀子さんのチャンネル「川辺優紀子の写真ラボ」をこのブログで紹介したけど、フィルムカメラの中でも特に人気のあるRollei35シリーズの動画ということもあって、けっこうたくさんの人に読んでもらいました。

その時のブログが以下の記事です。

モデル・川辺優紀子さんのYouTubeチャンネル「写真ラボ」が、フィルム好きにはほっこりする。 またまたカメラ好きがニンマリする楽しい動画チャンネルを見つけてしまった。特にフィルム写真、フィルムカメラに興味がある人なら、川辺...

で、その中で紹介した動画の最新版が「メルカリでRollei35Sを購入してみた」という内容だったんだけど、その後ちゃんと動作して写真が撮れたか!?という続編がアップされていたんだよね。その動画がこちら↓

フィルムカメラって基本、中古カメラを購入することになるから、あれってフィルムカメラを購入する時は毎度、緊張するもんでね。僕もいまだに緊張する。

光線漏れとか、筋が入ったりとか、もしくはまったく撮れていないとか、こればっかりは古い機械だから何かしら故障めいた症状が出ることもあるから、ほんと現象が上がってくるまでは嬉しさ半分、不安半分なんだよね。

で、川辺さんの結末は…それは、皆さん、動画を見てのお楽しみということで笑。

ところで、もしかしたらお気づきの人もいるかもだけど、前回のブログタイトルには「モデルの川辺さん」と紹介していたんだけど、今回は「モデル写真家の川辺さん」という風に訂正してます。

というのも、川辺さん自身もそう表記されているのと、実際、なんと我らが富士フイルムの動画チャンネルの中でも写真家として活躍されていたのである。

ね、モデルのみならず「撮るほうの人」もやられている、なんともスーパーなクリエイターなんだよね。たしかに、撮られる人の気持ちがいちばん分かるモデルさんだから、撮る人になったらやっぱりその目線は独特なものになるんじゃないかと思う。

そうそう、Rollei35の話に戻ると、このカメラはフィルムカメラを始めた人が必ず気になる人気カメラのひとつといっていいんじゃないかな。つまり、名機。

Rollei35

川辺さんのはレンズがゾナーのRollei35Sだけど、僕のは元祖テッサーのRollei35で以前はブラックボディも使っていた。いやあ、何度見てもカッコいいよね、このデザイン。

参考までに、少しだけ僕の作例も載せておきます。

Rollei35, Tessar 40/3.5, Fujifilm業務用100
Rollei35
Rollei35, Tessar 40/3.5, Fuji業務用100
Rollei35, Tessar 40/3.5,Fujifilm 業務用100
Rollei35, Tessar 40/3.5,Fujifilm 業務用100
Rollei35, Tessar 40/3.5, Fujifilm 業務用100

レフ機と違ってシャッターショックが小さいから、こうして夜でもしっかり構えて撮ればフィルム写真を撮影することができる。見た目のデザインだけじゃなくて、その実力も名機なわけです。

Rollei35がいいのは、レンズ一体型ということ。テッサーやゾナーといった銘玉レンズが込みで手に入ることを考えると、中古価格もかなり良心的なものだと思うなあ。そういう意味でもおすすめです。

というわけで、今回は川辺さんの動画続編とRollei35シリーズのお話でした。では、また川辺さんの動画のその後を楽しみに。

【中古】 【並品】 ローライ 35S 40mm F2.8 (Sonnar) 【フィルムカメラ】

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。