カメラへの思い

夏は小さなカメラでサクサク撮ろう。

FUJIFILM X-E4, XF18/2R

カメラを使い始めて、なんとなく夏は小さなカメラを持つようになった。大ぶりなカメラの手応えもいいけど、強い日差しと汗ばむ暑さでどことなく足取りが重くなる夏は、軽量コンパクトなカメラがやっぱり楽で、写真欲を落とさず夏を乗り切る最良の方法だ。

RICOH GR 初代 Limited Edition
FUJIFILM X100V

僕の場合だと、コンデジならRICOH GRかFUJIFILM X100V、レンズ交換式ならFUJIFILM X-E4にコンパクトなレンズXF 18mm f2をつけて撮る感じ。オールドデジカメなら、CCDのRICOH GR digitalもおもしろいし、ズームコンパクトならFUJIFILM X10やCanon PowerShot G7も少し離れた所からズームで寄れて夏向きかもしれない。

RICOH GR digital III
FUJIFILM X10
Canon PowerShot G7

あと、フィルムカメラならハーフサイズカメラのOLYMPUS PENシリーズ、35mm判ならKonica C35や目測機のRollei35なんかが僕の中の定番だ。少し重さはあるけど、バルナックライカ(僕の場合はLeica IIIa)もコンパクトな気分で夏の道を闊歩できて、やっぱり「小さいは正義」だと夏が来るたびに思う。

OLYMPUS PEN S
Konica C35
Rollei35
Leica IIIa, Elmar 50/3.5

僕はファインダーのあるカメラが好みではあるけど、夏の強い日差しの中でスナップする時は、特にEVFなんかだと正確な描写は掴みづらいから、ファインダーのないカメラで画角確認程度のほぼノーファインダーで撮るのもサクサク撮れていいと思う。それこそGRやデジタルのOLMPUS PENシリーズなんかは、より小さくて「夏用カメラ」には最適かもしれない。

僕のPENはファインダー有りのPEN-F

とにかく夏は、あまりの暑さに立ち止まらずに通過してしまいがち。もちろん、それでもいいんだけど、夏の風景というのはやはりどこか情緒にあふれてるから、できれば写真に収めておくと後から振り返っても感慨深い。暑い夏の道でも、ちょっと立ち止まって、ちょっと鞄から出してササッとシャッターが切れるカメラがあると、思い出も増えていく。

そんな小さな思い出を収める、小さな夏用カメラと過ごすひと夏はどうだろう。僕もそんなことを考えながら、この夏のシミュレーションをしているところだ。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。