フィルムカメラ

モデル・川辺優紀子さんのYouTubeチャンネル「写真ラボ」が、フィルム好きにはほっこりする。

僕の愛機、テッサーレンズのRollei35

またまたカメラ好きがニンマリする楽しい動画チャンネルを見つけてしまった。特にフィルム写真、フィルムカメラに興味がある人なら、川辺さんのフレンドリーな目線でのフィルムカメラ紹介は、ほっこりするはずだ。

写真のことだけじゃなくて、いろいろなジャンルを紹介されてるチャンネルだけど、ここではフィルムカメラ関連の5本をピックアップしたいと思います。

まず、いちばん最新の動画「Rollei35S編」から。川辺さんのは「S」がついている、そう、ゾナーを積んだタイプ。僕が使っているRollei35は素のテッサーレンズだけど、同じRollei35仲間ということで、やはり親近感がわきます。

いいですよね、モデルでありタレントである川辺さんがなんとも気さくに話されていて、なんか人柄の良さがナチュラルに伝わってきますよね。なにより「カメラが好きでしょうがない」という感じがヒタヒタと伝わってきて、見てると異常に癒されます笑。

動画チャンネルを少しさかのぼると、川辺さんはデジカメのFUJIFILM X-S10なんかも使われているようで、これまたFUJIユーザーの僕は勝手に親近感を覚えるんだけど、ここから先はフィルムカメラを取り上げ始めた古い順に以下、ご覧ください。

フィルムカメラを初めて使う!という動画で、見てるこちらもなんだかフィルムカメラを始めた当時を思い出して少しドキドキしたり。そうしたら、本当にちょっとドキドキすることが起こり…!。詳しくは動画で共感しまくってください笑。

次はこちらの露出計のお話。これも実は僕もセコニックの単体露出計スタジオデラックスを使ってるから、「おお、これも一緒だ」と思って見てたら、手に入れた理由もまったく一緒でした笑。

露出計の使い方を、とても分かりやすく紹介されていて、この動画はなかなか実用的でフィルムビギナーの人には貴重な動画だと思います、うん。

4本目の動画は、そう、2本目の動画の続きで、実際に撮影してフィルム現像してみたよ、という動画。フィルムカメラは何度購入しても、いつも試し撮り後の現像が上がってくるまではドキドキなんですよね。分かります笑。作例も素敵です。

そして、最後の5本目が、あのちょっとフィルム好きの人たちの間でも話題だったフィルム「宇宙の片隅」を販売されているお店に行かれた動画。なんと、川辺さんの出身地の群馬県のお店だったということで、故郷でフィルムスナップするリラックス感も、これまたほっこりします。

それにしても川辺さん、ご覧の通りとても綺麗なモデルさんなのに、フィルムカメラを触ったりおしゃべりしてる感じは、とにかく普通の人目線で気さくなのが◎。

たぶんフィルムカメラの敷居を下げることも意識されてのことだと思うので、そこがまた大いに共感してしまうポイント。

成人の日を迎える新しい年の最初の三連休、フィルムカメラなんぞ始めてみよう!ということで川辺さんの動画を見まくってみるというのはどうでしょう。たぶん、カメラにフィルムをつめて、ちょっと出かけたくなると思うなあ。

追記)川辺さんの動画をさかのぼってみたら、けっこうデジカメでも撮られていて、モデルとして撮られる立場だけじゃなくて「撮影者として撮る方も上手い!」と思った。センスが備わってるというのはこういうことかと。うらやましい限りです^ ^

というか、川辺さん、めちゃくちゃ写真家でした。富士フイルム公式の動画もご覧ください。

【中古】 【並品】 ローライ 35S 40mm F2.8 (Sonnar) 【フィルムカメラ】

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。