フィルムカメラ

写真家・瀬尾浩司さんのYouTube「写真大学」に、すっかりハマっている。

Rolleiflex Standard, RICOH GR

みんなはご存知だろうか、このタイトルにあるYouTubeチャンネルがあることを。もし、まだ知らないという人がいたら、ぜひアクセスしてもらって、いくつかの動画の中から気になるテーマのものを観てほしい。僕のブログにたどり着いたひとなら、きっと気にいると思うんで。

僕が初めてこの「写真大学」を視聴したのは、この写真家・市橋織江さんのインタビューの回。ほんと偶然にたどり着いたんだよね、SNSだったかネット上で市橋織江さんのことを調べてたら偶然に。で、市橋織江さんのインタビュー映像なんて貴重だから、これは見ておかなきゃと思ったら、ナビゲーターの瀬尾浩司さんのこともすっかり好きになり、あれよあれよと他の回の動画も見始めている今日この頃です。

この蓮井幹生さんの回もアナーキーでカッコよくて面白かったな。僕も広告の世界に生きてきたから、代理店やプロダクション、アートディレクターの話なんかはとても共感することが多くて、なにか僕らが失いつつあることへの叫びみたいな、とても感慨深く動画を楽しむことができた。たぶん、こうやって写真家の方々がリラックスして本音で話してくれるのは、瀬尾浩司さんの人柄が大きいんだろうね。

この三好耕三さんの回もすごく楽しかった。大判8×10でも驚くのに、16×24という巨大な秘蔵カメラや引き伸ばし機が出てきて、もう動画を観ながら僕は口をあんぐりしてた。お風呂の写真もどれも素晴らしくて、これはきちんと三好耕三さんの写真を探して見なくてはと思ったなあ。なにより人柄も素敵。カメラは常に首からぶら下げておかないと、いざという時に撮れないという言葉も、ライトにグサっと刺さった。

その他にもね、プロラボの方の話、プロショップ、メイクアップアーティストの方の話、スタジオマンの話など、とにかく毎回、僕にとってはかなり新鮮な気持ちになれるストーリーの連続。写真を深くやっている人には懐かしい話だったり、これから写真家をめざそうという人には参考になる話だったり、あと僕のようにカメラは好きでも写真の奥深さを知らない人間なんかにも、とても分かりやすくこの世界のことが語られている。

瀬尾浩司さん 引用:YouTubeチャンネルから

近ごろは、こうして写真家の語るたちがけっこうYouTubeチャンネルを開設されていて、これまでなかなか聞けなかったような話が聞けたり、プロの写真家の方の思考、仕事場、機材への思い入れなんかも観ることができるようになって、ほんと興味深いなと思うし、なんだか写真家の人たちが「写真の素晴らしさを継承しようとしている」、そんな感じを強く受けるんだよね。

瀬尾浩司さんの人となりも含めて、詳しくはぜひ動画を観てもらうということで。たぶん、ハマると思うなあ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です