FUJIFILM X100V

〈レビュー〉散歩も街撮りも、もうFUJIFILM X100Vだけでいいんじゃないか、となっている笑。

FUJIFILM X100V, Classic Neg.

まあ、そう言うとちょっと極端か笑。そりゃPEN-Fだって使うし、Nikon Dfだって使う。あ、デジカメの話ね。けれど、一眼レフ並みの豊潤な絵がファインダーのぞいて撮れて、しかもマイクロフォーサーズ並みに軽量コンパクトで軽快に撮り歩けるとなれば、PEN-FとDfのいいとこどりみたいなニュアンスもあって、X100Vひとつあればもういいんじゃないか、と思わせる何かがあるんだよね。

FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.

X100Vで撮り始めて数日、けっこう慣れてきたんで、きょうは途中からマニュアルモードで撮影してた。いよいよ本領発揮というか笑、フィルムカメラをやる僕の本来のスタイルに帰結し始めた。こうなると、軍艦部に配置されたシャッタースピードダイヤルがありがたい。ファインダーもOVFメインで、フィルムシミュレーションもクラシックネガなら、まさにクラシックカメラさながらである。

FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.

特別に何かを撮るわけじゃないけど、だからこそフィルム代を気にせず、ある意味軽い気持ちでシャッターを切ることができるデジカメ。けれど、フィルムならではのあの光のすくいとり方がなかなかデジタルでは再現できなくて普通やきもきするわけだけど、X100Vとクラシックネガはそんな気持ちを忘れさせてくれる。

FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.

そこまでは言い過ぎなんじゃない?と言われそうだけど、僕的には十分すぎるくらい満足してる。FUJIFILMさん、ありがとう!って感じかな。フィルム販売をセーブし始めた富士フイルムという会社にどこか寂しい気持ちを抱いていたけど、それは杞憂というか、この会社は本気でフィルムの世界をそのままにデジタルへ移行しようとしてる、そんな風に感じるようになった。

FUJIFILM X100V
FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.

街撮りの写真たちは、まだ絞り優先モードでしか撮っていないから、オートでけっこう高速でシャッターが切れていて、適正といえばそうだけど、ちょっとアンダー気味で撮れている。けれど、僕がクラシックネガに求める露出はやはりもうちょいオーバー目の光のすくいとり方。こんどはマニュアルモードでラフに撮ってみたいと思ってる。

FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.
FUJIFILM X100V, Classic Neg.

まあ連日、バカみたいにたくさんのシャッターを切ってるけど、それが許されるのがデジカメの恩恵。実は先週に続いて、今週も僕はフィルムを一本も使わず過ごしている。これはけっこう画期的なこと。フィルムで撮ることはやめないけど、フィルムだけで撮り続ける財力は僕には無い。だから、このデジタルを織り混ぜる日常は素直にありがたい。それでいてクラシックなネガの世界を僕なりに堪能できている。

これはもうね、個人の感覚の違いはあると思うけど、フィルムで撮りたいけどコストが気になる…ってひとは、ほんとFUJI機のクラシックネガで試し撮りしてみてほしい。ちょっとカメラに対するイメージが変わるんじゃないかな。言い過ぎかな笑、まあそれくらい僕には刺さっているんだ、X100Vとクラシックネガ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です