PENTAX K-3 Mark III

ファインダーもシャッターも、とにかく絶品すぎた。PENTAX K-3 Mark III

PENTAX K-3 Mark III, DA 20-40 Limited

僕の手元にやって来たK-3 Mark III。まだ多くを語れるほどは撮り倒せていないけど、このカメラが普通じゃないことは数枚もシャッターを切ればはっきり分かる。

いわゆる、別物である。

ファインダーの優秀さはよく語られるところだけど、僕が思うのは「むしろファインダーがあることを意識させないほどのレベルのクリアーさ」ということ。

いや、もう何を言ってるんだと言われそうだけど、光学ファインダー性能もここまでくると、肉眼の延長線といっていいくらい恐ろしく自然だということ。

それほどまでに、K-3 Mark IIIのファインダーは見やすく、美しい。

そして、脳をさらに歓ばせるのが「奏でる」と表現したくなる、そのシャッター音だ。

派手さとも違う、かといって上品すぎるわけでもない、実に人間の五感に最も心地よくチューニングされたであろう、その絶品のシャッターフィールは、僕的にいえば芸術的ですらある。

なにも、そこまでしなくたっていいだろうと勘繰るくらい、このカメラには「撮ることに没頭できる世界」が形作られているのである。

その凄みを言葉にするとどうしても饒舌になってしまうが、それほどまでにこのK-3 Mark IIIで撮る行為は美しく、官能的であるということでご容赦いただきたいと思う。

その一端を感じとれるエピソードを、昨日漫画家のしろさんが以下のようにツイートしてくれていたので紹介しておきたい。

リコーの方のお話曰く「フィルム時代の作り方がいまだに残っていて、デジカメとしては作りがオーバークオリティになってしまう」と。

こういう言葉を聞いて、ペンタキシアンたちは歓喜し、一生PENTAXと生きていく、と思うのであろう。僕もいまは、まさにそう感じている。

そのファインダーをのぞいて、一度シャッターを切り出すと、もう永遠に撮り続けていたくなる、それこそがK-3 Mark IIIを表現する僕の率直な感想。

そういうカメラは、一生のうちで、そう出会えるものではないと思う。

現代の奇跡のカメラ、そう言っておこう。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. アjpホ より:

    キヤノンやニコンの光学ファインダーも確かに明るくクリアーで見やすいけど、キレがないんですよね。ピントの山が掴みづらいし見ていても面白くない。
    その点k3mk3のファインダーはかなり秀逸。
    マニュアルフィルムカメラを知ってる人からすればたまらないはず。

    • kiokucamera より:

      ほんとにK-3 Mark IIIのファインダーのキレは見事ですね。マニュアルフォーカスレンズでも試してみたいところです。

  2. […] ファインダーもシャッターも、とにかく絶品すぎた。PENTAX K-3 Mark III に kiokucamera より […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。