PENTAX K-3 Mark III

K-3 Mark IIIにsmc PENTAX-M 50mm f2をつけて散歩カメラしてみた。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

まあでも、撮る以前に、まずこのスタイリングがカッコ良すぎるだろうと。

あいにくまだレンズフードは未入手なんだけど、フードがなくても様になるカメラというのは、カメラ本体がいかにも「カメラらしい証」だと個人的には思っている。

で、その装着しているコンパクトなレンズだけど、以前このブログに購入談を書いたsmc PENTAX-M 50mm f2である。

K-3 Mark III用に、一本だけKマウントのオールドレンズを買ってみた。 PENTAX K-3 Mark IIIには、ボディと同じくらい気に入っているDA 20-40mm Limitedレンズを装着して...

僕は実は50mm f2というスペックのレンズが好きで、同じ一眼レフ機のNikon Dfにもいまは常用でNikkor-H Auto 50mm f2をつけて楽しんでいる。

Dfにも当初は明るいNikkor-S Auto 50mm f1.4を装着することが多かったんだけど、なんとなくf2のほうに落ち着いてきた。

いたずらに明るいレンズでボケすぎるより、ほどよいf2の無理しない自然な写りが気にいるようになったんだよね。

ライカでいうところのズミクロンな気持ち、という感じかもしれない。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

f2なら早朝の陽射しであれば、感度を最小にすればほぼ開放のまま撮り続けられる。

K-3 Mark IIIのオールドレンズ対応機能を使って、絞り値だけボディ側もf2に合わせたら、あとは絞り優先モードでサクサク撮っていける。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

撮影ポジションはPENTAXを代表する「鮮やか」で撮ってみたんで色のりは濃いめだと思うけど、開放値がf2とおさえが効いてるんで、どことなくマイルドな描写の印象。ギラギラしない感じが個人的には心地いい。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2
PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

次回はもう少し絞っていいかなと思ったけど、まあ週末は心も解放されたいというか、絞り開放で撮るのが以前からの癖というか好みで、f2ならこのまま開放でもいいかな。

オールドレンズをつけて開放で撮る際は、シャッターを切る瞬間に適正露出を計ってシャッターが切れるんだけど、そのリズムがシャッター音をよりクラシックに感じさせる気がして、とにかくK-3 Mark IIIとオールドレンズで撮るリズムは気持ちいい。

やっぱりカメラはエモーショナルなものがいい。光学ファインダーとこのシャッターフィール、そしてオールドレンズの写りすぎない人間味のある描写。

こういう機材と週末を過ごすと、ほんと心の洗濯というか、異様に癒されるのである。

だから、カメラはやめられらないのである。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。