Lumix LX100 II

Lumix LX100 IIをしばらく使ってみたレビューみたいなもの。

Lumix LX100 II

率直に言って、かなり良いです。僕の手元にきて数週間経つのかな。試し撮りしたいというのもあったけど、ここ最近では街撮りスナップの出番は、このLumix LX100 IIがいちばん多いくらいなので。

何がそこまで良いのか。

まず、なんと言ってもサイズが良い。いわゆるレンズ一体型のコンデジだから、その恩恵はやはり段違いで、僕の感覚的にはFUJIFILM X100Vを持ち出す感覚よりもRICOH GRを持ち出す手軽さに近いイメージがある。

それでいて、コンデジとはいえセンサーサイズはマイクロフォーサーズの大きさがあり、しかもレンズがライカ・ズミルックスの名を冠した万能ズームレンズを格納してるんで、そういう意味では小さなボディに性能てんこ盛りという優れたヤツなのである。

でも世の中的には、ちょっと地味なのかな。RICOH GRやFUJIFILM X100Vと比べると、Twitterなんかを見ていてもLX100 IIユーザーを見かけることは稀だ。

でも僕なんかは、そういう隠れた名機的なところもたまらなかったりする。ちょっとひねくれ者だからね笑。他人と同じモノよりは、他人とそうは被ることのない機材で撮るほうが、なんか異様な自己満足感があったりするでしょ笑。

とはいえ、性能もほんと素晴らしいです。ライカとOEMアライアンスを組んでいるのはダテじゃないクオリティの証明だろうし、優秀なズームレンズでストリートスナップを撮る快感を一度覚えると、単焦点コンデジとは違う明確な所有する価値が芽生える。

Lumix LX100 II

描写に関しても、モノクロームが良いのは予想がついてだんだけど(以前、GX7MK2を使っていたので)、いわゆる素のカラーが雰囲気良いのにちょっと驚いた。

なんというか、少し霞んだ落ち着いたトーンと言えばいいのかな。僕的に近いと思ったのはLeica X2の描写。いわゆる日本のハッピーカラーというより、ヨーロッパ的な落ち着いたトーンがこのLX100 IIの描写にはある。

Lumix LX100 II
Lumix LX100 II
Lumix LX100 II
Lumix LX100 II
Lumix LX100 II

僕は好きだな、めちゃくちゃこういうの。ストリートスナップというのは、被写体や構図の良し悪しもあるけど、僕はその時に目の前で感じとる空気感みたいなものを収めたいという思いがある。

そのスタンスに、このLX100 IIの描写はすごくハマると個人的には凄く感じている。それはGRともX100Vとも異なる、独自の世界観でありムードである。

Lumix LX100 II

ストリートスナップは、本当に一瞬の判断のものというか、突如として目の前に現れる撮りたいシーンに対して、億劫さを感じることなく瞬時に取り出して構えて撮れるか、もうそれに尽きるからね。

少しでも大きく、重く、起動性が遅かったりすると、それは如実に撮れ高に影響する。まあ、撮れ高が多ければいいスナップが撮れるのかということでもないけど、僕の場合は量があって初めて質が伴うんで、そこはかなり重要な要素。

その意味で、このLX100IIはやはりスナップシューターだなと感じられるのである。

いわゆるコンデジを何台も所有する必要はないけど、ズームレンズのコンデジを持つ意味は大いにある。その時に、このLumixの隠れた名機をチョイスするというのはかなりアリだと思うけど、どうだろう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。