Lumix LX100 II

スナップは、カラダの一部と思えるカメラを見つける実験でもあるんだ。

LUMIX LX100 II

僕はカメラが好きだし、「確かめたい欲」があるから、日々いろんなカメラでシャッターを切ってるけど、唯一それが良くないなと思うのは、使うカメラがあまりにも分散してしまうこと。

本当はニ、三台のカメラに絞って使い込むのが理想。それこそ目をつぶってでも操作てきるくらい、愛機が肉体の一部と思えるほど濃密に向き合えれば、自然とファインダーの向こうのシーンに集中することになるだろうなと。

本当の意味での「愛機」と呼べる相棒みたいなものかな。いや、あまりにカラダの一部になって、むしろ空気みたいな「手にあることが当たり前すぎて存在を忘れる」くらいの状態が作れたら、それ以上にクールなことは無いんじゃないかと思う。

なんというか、多彩な機能よりも、とにかくじぶんにフィットするカメラであることが最高の性能。そういうカメラと出会いたくて、みんな、いろんなカメラやレンズを日々懲りずに追い求めているのかもしれないね。

Lumix LX100 II

GRなんかはまさに「カラダの一部」的な気持ちよさが特徴のカメラだと思うけど、僕的に心躍るのはファインダーとシャッターダイヤル、絞りリングが歩きながら操作できるコンパクトなカメラがひとつの理想。写真のLUMIX LX100 IIも、そんな嗜好から手にしたカメラの一台だ。

このカメラはズームレンズが一体となったコンデジで、ズームそのものはいまだに咄嗟に構えるのはむずかしいと感じたりもしてるけど、なんかポテンシャルは感じるんだよね。手の中の収まりは実に身軽で異様に足取りを軽くする。もう少し使い込んだら、カラダの一部にできるんじゃないかという密かな期待。

この世にカメラは一体、何種類ほど存在するんだろうか。数千、いや数万種類かな。その中から、人生のうちで「カラダの一部」と思えるカメラに出会える確率はどんなもんだろう。いつかはカメラをニ、三台に絞り込みたいはずなのに、そこにたどり着くまでに多くのカメラのシャッターを切るという軽い矛盾みたいなものを感じないでもないけど、まあそれが「カメラの旅」なのである。

この話に結論はない。結論めいたものを見つけたくて、ひたすらきょうもスナップという壮大な実験を僕は繰り返すのだ。あてのない、よりよい人生のために。

★今日の注目商品をチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。