Lumix GX7MK2

シャッターを切って生きかえる、金曜の夜。Lumix LX100 II

Lumix LX100 II

今週手に入れたLumix LX100 II。その癖を掴むべく、今はとにかく集中してシャッターを切りまくってるところなんだけど、昨日はモノクロームで撮ったんで、今夜はカラーで街を切り取ってみた。

まあ、人間いくつになっても週末前夜の金曜の夜は、こころが解放されるというか、いい感じに心が浮かれて、スナップもやけにリラックスしてシャッターを切ることができる。

そして思うのである、いま俺は生きてるぞと。

カメラは撮りたいものを撮る道具だけど、特に撮りたいものがない状態で、街を浮遊しながら緊張から解き放たれるためにシャッターを切るというのも僕は好きで、その時のカメラは道具というよりまさに人生の相棒である。

Lumix LX100 II

そんな時のカメラは、街中でじぶんの存在を消せるような小型軽量のカメラがいい。まばたきするように自然体でシャッターを切ることを意味するから、ある意味、過度に存在感がないカメラのほうがしっくりくるのだ。

その点、このLumixのコンデジはいい。なんというか、誰からもいい意味で無視されて、世界の片隅でひとり没頭してシャッターを切っている時間を堪能できる。

RICOH GRでもFUJIFILM X100Vでもいいんだけど、Lumix LX100 IIはよりライトというか、全身の力が抜けていくような妙なラフさがある。

Lumix LX100 II

夜のストリートはほぼノーファインダーなんだけど、いざとなったら立ち止まってファインダーをのぞいて撮れるという心の余裕もあるのもいいのかもしれない。とにかく、いい写真を撮ろうとか変に気負わず街中を徘徊できる。

他の人はどうかは分からない。これはあくまで僕の感覚であって、すべての人におすすめするスタイルではないかもしれないけど、金曜の夜は僕はじぶんを解放してくれるカメラをチョイスしたい。

Lumixのカメラというのは、他のブランドのカメラよりもある意味、マイナーな感じがいいのかもしれないね。

CanonでもNikonでもSONYでもFUJIFILMでもなくて、Lumix。そうだな、OLYMPUS PEN-Fでスナップしてる時も同じような感覚を覚える。世の中に同調しないじぶんを楽しむみたいな感覚。

いいカメラを手に入れたかもしれない。Lumix LX100 II、このカメラだから味わえる独特の時間が確実にある。とても自由で私的な香りのするカメラなのである。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. タク より:

    こんばんは。
    lx100m2手に入れられたんですね!私は先代を持ってます。私はとにかく見た目に惚れて手に入れちゃいました(起動時は除く笑)いいカメラですよねー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。