FUJIFILM X100V

軽量コンパクトなカメラに辿り着いた感、あるなあ。

Olympus PEN-F & Fujifilm X100V

自慢じゃないけど(恥ずかしながらか)いろんなデジカメをこれまで使ってきたけど、なんというか、つまるところ軽量コンパクトなカメラに落ち着いたというか、辿り着いた感が凄くあるんだよね。

M型デジタルライカも使ってきたし、フルサイズミラーレス機も使ってきたけど、僕が辿り着いたのは、このOLYMPUS PEN-FとFUJIFILM X100Vである感じがしてならないのである。

例外的にNikon Dfがあるけど、これはフィルムニコンのレンズたちをアダプターを介さず使いたいという思いがあるわけで、ちょっと特別な存在。それにしたって僕の中ではフルサイズの中でも軽量コンパクトな部類という位置づけが、実はけっこう大きいのである。

僕が歳をとったせいもあるのかな、大きく重いカメラはなんだか少々辛くなってきていて、例え独特の描写ができたとしても、撮ってる時に軽やかじゃないじぶんがいるような気がして、そうやって無理せず辿り着いた先に、この2台のカメラがあった気がしている。

まあ、でもそんな風に思えるのも、いろんなカメラを使ってきた故の結論めいた事象なので、結局のところ、いろんなカメラやレンズを体験してみることは必要なプロセスだと思うし、そうした経験は何物にも代えがたい貴重な財産だと思う。

なんとなくだけど、カメラ業界が市場のシュリンクに悩まされているのは、このサイズ感によるところも大きいのではないだろうか。あんだけ優秀で大荷物にならないスマホカメラが台頭する現代にあって、重く大きなカメラのなんというかアンバランスな感じというか。プロの写真家の人たちならともかく、いまを普通に生きている人たちには日常の持ち物としてどこかフィットしきれないのかもしれない。

昨今のフィルムカメラのブームみたいなものも、考えてみると案外軽量コンパクトなフォルムが受け入れられているのかもしれない。普段着に自然とフィットする大きさだったり、そのファッション性だったりね。そんなことを考える今日この頃なのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です