minolta SRT101

我が道を行く人におすすめしたい、硬派なフィルムカメラ「MINOLTA ミノルタ三選」。

Minolta製フィルムカメラたち

フィルムカメラが若い人たちにもけっこう人気だけど、フィルムカメラといえばNikonやCanon、OLYMPUS、PENTAX あたりがすぐに思い浮かぶ筆頭だと思う。現在でも馴染みのあるメーカーたちだから、そりゃそうだよね。

実際、Nikon FM2やCanon F-1、OLYMPUS OM-1やPENTAX SPなんかは、デザインもかっこいいし、球数も豊富なんで程度の良い個体も見つけやすいし、ユーザも多いから情報を集めやすくて、フィルムカメラを始めるには最適なカメラたちだと思う。

しかし!ここで声を大にしておすすめしたいカメラ銘柄がもう一つある!。そう、忘れてならない伝説のブランド「MINOLTA ミノルタ」のカメラたちである。

タイトルに「硬派の」と書いたのは完全に僕個人が抱くイメージの話だけど、見た目、そして操作感、あとシブさという点から、ちょっと他人とは違う雰囲気のフィルムカメラを手にしたいという人には、これほどカッコいいチョイスは他に無いんじゃないかと思う。

早速、独断と偏見で僕の中のMINOLTAおすすめ三選にふれていきたいと思う。

MINOLTA SRT101

まず、年代的にも最も古い機械式シャッター機から、MINOLTA SRT101である。どうです?めっちゃ男前でカッコいいでしょ。シルバーボディもあるけど、なんというかワイルドな艶っぽさでいえばブラックボディがやはりたまらない。

これはロックだ。ブラックのミノルタ minolta SRT101が放つ粋。 これはロックだ。ブラックペイントのminolta SRT101が放つ粋。 僕の所有する機材をご存知の方には、そんなにカメラばかり買...

そうだな、僕の勝手なイメージでいくと、ザ・ローリングストーンズである。そう、ビートルズではなくストーンズ。実際、僕は若い頃、まわりがビートルズって騒ぐ連中が多かったから、意地でもストーンズが好きだと振る舞っていた笑。そういう人にはうってつけのクール極まりないカメラだ。

まあ他人の目なんか気にする必要はないけど、このSRT101をぶら下げていたら、カメラに詳しい人なら一目置いてくれるんじゃないかと思う。そういう通なチョイスという匂いがするおすすめの一台だ。

MINOLTA X-700

そして時代をもう少し新しくしてのおすすめとなると、このMINOLTA X-700だ。いや、これも何度見ても死ぬほどカッコいい。

ミノルタMF一眼レフの集大成を体験しておきたかった。 その集大成のカメラとは、Minolta X-700のことである。実は以前も一度、お店でX-700と遭遇し、購入を検討したことがあ...

MINOLTAのロゴも現代的なものへと変更されていて、デザインも全体的に80年代ルックに仕上げられてるんだけど、妙にヴィンテージ感があるんだよね。僕的にいえば、リーバイス505みたいな、あえて501からズラしたシブさである。

このX-700にもシルバーボディがあるんだけど、それは初期に少量だけ販売されたこともあって希少な存在になっている。見つけたら買いだけど、僕はMINOLTAはブラックボディがやっぱりカッコいいと思う。

MINOLTA α-7

そして最後のおすすめは、言わずと知れた名機MINOLTA  α-7である。このへんになってくるとその名の響きから、現在のSONY αシリーズのルーツであることがプンプン匂ってくる。

完全なる一目惚れだった。僕のα7はMinolta製フィルム機。 正確にはα7じゃなくて「α-7」だけどね。けれど、これか現在のSONY α7系のルーツであることはシャッターを切った時に分かる。...

いやあ、恐ろしくカッコいい。見た目のデザインはもう完全にモダンで、カメラに詳しくない人なら最新のデジカメと言ってもなんの疑いも持たないだろうというくらい洗練されている。

シャッターを切ってみると、独特の音を奏でてαの世界へと誘ってくれる感触は、現代のSONY α7の世界にも通じることをあらためて気づかせてくれる。

どうかな、どれもたまらなくないですか、いや本当に。こんなシビれるルックスと丈夫で精密なMINOLTA製カメラたちが、見つけられれば他のブランドのものよりかなり安く手に入れられるんじゃないかと思う。

今はなき伝説のブランドであることも、手にすることへのロマンを感じる。タイトルに「我が道を行く人におすすめする」と書いたのは、好きなコトやモノには外野の声なんて一切気にせず突き進んだほうが断然幸福だということ。

2022年は、周囲の雑音なんかには耳栓をして、じぶんが本当に好きだと思えるディープな世界を歩こう。

POSTED COMMENT

  1. Yoda より:

    いつも楽しく拝見しております。
    中学生の時、初めて買ったカメラがα7700でした。
    この記事を見てミノルタのカメラをまた使いたくなりました。

    • kiokucamera より:

      コメントありがとうございます。 α7000の後に出た機種ですかね^ ^。機械としての魅力がプンプン香るいい時代のカメラですよね。ぜひ、また使われてみてください。

  2. アールグレイ緑茶 より:

    インスタグラムからこのブログを辿り着き、楽しく拝見しております。
    私が幼い頃に父親がミノルタのαシリーズを愛用していたのでとても思い出深いメーカーです。けれど、なぜか父親はやたらとキヤノンのカメラを勧めてくるのですが。
    いつかはミノルタのカメラで撮りたいと思っているのですが、問題はミノルタのカメラが売っているかどうかですね。幸いにも私が住んでいる地域は中古カメラ販売店が多いので困ることはないのですが、出会えるとは限らないですよねぇ…

    • kiokucamera より:

      ミノルタ機は本当に妙に惹かれるカメラで、SONYは良い血を受け継いだなと思います。やはり、プロダクトはヒストリーがけっこう重要なので。
      思い出深いミノルタ機にまた再会できるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です