FUJIFILM X-Pro3

こんなモニターのカメラは、もう出てこないと思うから。FUJIFILM X-Pro3

隠しモニターを開いたFUJIFILM X-Pro3

この写真、なんてことないカメラの写真にも見えるし、むむむ?なんか変だぞと思う人もいるだろう。そう、これが変態カメラと一部で囁かれるFUJIFILM X-Pro3の隠しモニターを開いたところである。

ふだんはこのモニターを上にカパッと閉じてるんで、文字通り「隠し」てる状態で、そこには可愛らしい小窓液晶がちょこんと付いている。まあ、たしかにこんなデジカメ、他には無いだろう。

FUJIFILM X-Pro3
選択フィルムシミュレーションを映し出すX-Pro3の背面小窓。

なぜ、こんな構造の仕様になっているかはカメラ通の人なら知ってると思うけど、まあ富士フイルムという会社の精神としては「シャッターを切るたびにモニターを見て画像をチェックなんてせずに、ファインダーと対峙して目の前のシーンをどんどん撮ることに集中しよう」というわけである。

もっと分かりやすくいえば、フィルムカメラ時代のようなリズムで写真撮影を楽しもう、というメッセージであり作りなのである。(フィルムカメラで写真撮影をしたことがある人には、この説明がいちばん通りがよい)

そのあたりの解説がいちばん素晴らしいのがギズモードさんの動画なんで、興味のある人はぜひご覧ください。いやあ、それにしても、いま見てもけっこう衝撃的な作りのカメラだなとこの動画を見て思うのである。

この衝撃感が変態カメラと言われる所以だけど、僕が想像するにもうこんなカメラはこの先、作られることは無いだろうなと思ってる。いや、僕だけじゃなくて世界中のカメラ好きな人が、後継機X-Pro4が出てくるとしたら普通の背面モニターに戻すだろうと想像してるんじゃないかな。

まあ、デジカメとして使うなら、撮った直後に背面モニターで撮影画像を確認するのが普通?だろうから、それをベースに考えるとX-Pro3は不便?なのである。だから、マーケットニーズを考えると、普通の背面モニターに戻すだろうと。

FUJIFILM X-Pro3

いや、もしかしたら後継機も隠しモニターのまま進化させてくるかもしれないし、まだまだ僕らの想像を超越した変態っぷりを披露してくれるかもしれないんだけど、「写真機」好きの僕としてはいまのX-Pro3の状態がベストで、時計を止める感覚でいまX-Pro3を手に入れておこうと思ったんだよね。

なんか、こう書くとずいぶん懐古主義なデジカメに聞こえるかもしれないけど、これが使ってみるとなかなか未来チックなカメラであることにも驚くと思う。光学ファインダーの中にAFポイントが出て被写体を追尾する感じとか、もうSFの世界だからね笑。

そんな古きカメラの良さと最新ミラーレスの良さがハイブリッドになったことこそが、本当の変態的なところ。この唯一無二の世界をぜひ、一人でも多くの人に味わってほしいなと、ユーザーのひとりとして思うのである。なかなかトリコになると思うよ笑。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。