FUJIFILM X-E4

真四角スナップの「街撮り」篇ということで。FUJIFILM X-E4と。

FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type

なぜデジカメで真四角写真を撮っているかのキッカケについては、下の「あわせて読みたい」の記事を見ていただくとして、まあとにかく楽しいのである。それは真四角のせいであり、X-E4のせいでもあり、ひと言で表すのはむずかしいけど、あえて言うなら「日常っぽい」ということかな、じぶん的にはね。

写真家・桑島智輝さんみたいに、X100Vと真四角写真で日々を記録するっていいな。 この週末はX-E4の試し撮りばかりしてるんで、写真はすべてX-E4のものだけど、ここで話すのは写真家・桑島智輝さんとX100Vと...

そのあたりの「ニュアンス」をあまり言葉で説明しても、なかなか伝えづらいなあというのがあるんで、ざっと写真を並べていきたいと思う。

FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type

ちなみに写真のほとんどはフィルムシミュレーションの「ETERNA ブリーチバイパス」で撮った。Twitterに数枚ポストしたら、フォロワーさんから「なんかいつもと違う」といわれたけど、それはやっぱりETERNA ブリーチバイパスの色味のせいだと思う。

FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type

ちなみに、これらは真四角にトリミングしたものではなくて、最初から画角を1:1に設定して撮っている。なので、ファインダーをのぞく時から真四角で世界を見ている。ふだんの2:3の写真と比べても、どこか日常的に感じるのは僕だけだろうか。

FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type

まあ、真四角写真自体は決して珍しいものじゃないけど、中判カメラではなくてデジカメで撮る真四角写真となると、その視界からしてなかなか新鮮なわけです。あまりにうれしくて、久しぶりにInstagramに3枚ほど写真をポストしてみた。もちろん真四角写真でね。

FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type
FUJIFILM X-E4, Color-Skopar 35/2.5 C-type

というわけで、真四角写真の街撮りスナップ、どうだろうか。本当はもっと構えずにナチュラルな日常を撮りたいんだけど、じぶんまだまだたなあと思う。でも、実験的には真四角写真だとちょっと流れる空気が変わるというか、横構図とも縦構図とも違う何かを感じとることができたと思う。

次回は光学ファインダーのX100Vで真四角写真してみようと思う。あのファインダーの中に現れる真四角のブライトフレームで撮るストリートスナップ。楽しみだ。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です