FUJIFILM X-E4

FUJIFILM XF 18mm f2 RとX-E4で、軽量コンパクトなスナップシューターをつくる。

FUJIFILM XF 18mm f2 R

いまさらなんだけど、僕的にはついに手に入れた愛しのレンズなので、備忘録としてのブログと共に、まだ手にしていない人たちの参考になればということで、このレンズのことについて少し書いておこうと思う。

このレンズというのは、タイトルにある通りXF 18mm f2 Rという富士フイルムの広角レンズである。

といってもこのレンズ、全然新製品とかではなくて、むしろXマウントレンズの元祖単焦点のひとつ。そう、もう10年ほど前にFUJIFILM Xシリーズのレンズ交換式カメラとして初めて発売されたX-Pro1と共に登場したレンズなのである。

その時に同じく発売されたレンズシリーズのひとつが、FUJIFILMファンには神レンズとしておなじみのXF 35mm f1.4R。なので、この二つのレンズはルックスはとても似ていて、特徴的なレンズフードのデザインも共通している。僕はこのフードのデザインもとても気に入っている。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

で、なぜにいまさら、この年代的には古いレンズを購入しようと思ったかというと、そう、上の写真の通り、X-E4に装着してみたいと思ってたからなんだよね。

このレンズ、フードがある程度大きさがあるんでパッと見は分かりづらいかもしれないけど、レンズ本体は実はめちゃくちゃ薄く小さくて、しかも驚くほど軽いのである。つまり、軽量コンパクトなX-E4に常用でつけておきたい、そんな軽量コンパクトな組合せなのである。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

その焦点距離も魅力だ。18mmはフルサイズ換算で27mmの広角域で、分かりやすくいえばiPhoneカメラと同じような画角。僕的にはいえば、28mmのRICOH GRとほぼ同じで、まさしくX-E4がスナップシューターに早変わりする。こうやって空ひとつ撮っても、広く伸びやかな写真が小気味良く撮れていく。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

しかも、このレンズが欲しいと思った僕的なポイントは「寄れる明るいレンズ」という点。18cmくらいまでだったかな、かなり寄れる広角レンズなのである。しかもf2の明るいレンズなんで、こうして接写して背景のボケを楽しむこともできる。そういう意味でも、APS-CのRICOH GRにとても近い感覚で、ふだんの散歩カメラから街撮りスナップまで万能で楽しむことができる。まさに僕向きなのだ。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

その広角の気持ちよさは、まさに街に出るとさらに威力を発揮する。RICOH GR同様に、じぶんの視界よりも広く辺りが写り込むのはむしろ新鮮だし、そういう意味では必要以上にフレームワークを気にせずに、瞬間を切り取ることに集中してラフにシャッターを切ることができる。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

写真はほぼ絞り開放付近で撮ってるけど、それとフィルムシミュレーションのクラシックネガとの相性もとてもいいと思った。それこそ、よく写るけど写りすぎないというほどよいスナップ描写の感覚が反映されてる気がして、ここがむしろ少し古い設計のレンズのおいしいところかなと思った。

FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R
FUJIFILM X-E4, XF 18/2R

よく言われるAF性能と音の問題も、正直僕はあまり気にならなかった。AFは確かに最新のレンズと比べるとほんの少し間があるというか遅い気はするけど、それも激しく速写しない撮り方なら問題ないし、音の方も僕はXF35/1.4Rで慣れっこだから、こんなもんかなという印象。それよりも、これだけ寄れて、これだけ軽量コンパクトで明るいレンズ性能なら、メリットのほうが多いに上回ると思った。

FUJIFILM X-Pro3, XF 18/2R

ちなみに本家のX-Proシリーズに装着しても、これまた当然のようによく似合う。富士フイルムユーザーの人は大抵すでに持ってる定番レンズだとは思うけど、もしX-E4あたりを購入されたばかりで、まだこのレンズを試したことがないという人には、ぜひおすすめである。新品だといまだにまだ少し値段は張るけど、その価値は十分にあるなかなかの銘玉の一本。まさにX-E4が広角スナップシューターに様変わりする、しかも軽量コンパクトなままでという、まさに言うことなしの組合せです。

POSTED COMMENT

  1. とら より:

    18mm私もつられて買ってしまいましたよ。
    なんだかX-E4を使う時はとてもライカ的で、SSを1/500か1/250に固定して、絞りで露出を合わせてました。
    自然にそういう使い方になってたのが自分でも驚きでしたし、そんなカメラらしさがとても心地よいカメラです。
    18mmはX-E4の持ち味を最大限に引き出していますね。

    • kiokucamera より:

      つられて…笑。でもほんとに、この組合せ最高なんですよねー。GR並みにヒュンヒュン撮れるし、おっしゃるようにライカ的にも楽しめる。富士フイルムGJですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です