FUJIFILM X-E4

シャッターさえ押せば「いま」が写る。すごいんだよ、カメラって。

FUJIFILM X-E4, ULTRON 35/1.7 asph L

すでにカメラをやっている人には読み飛ばしてもらったほうがいいかもしれないけど、きょうも「カメラがそばにあると、人生なかなか楽しくなるよ」という話である。

そう、タイトルにある「シャッターさえ押せば『いま』が写るんだぜ!」、カメラって。という話なのである。

いや、これ、けっこうすごくないですか。「いま」というのは目の前に起こってるまさに瞬間のことで、そんなにとりたててクローズアップしないかもだけど、それゆえに放っておくと気にも留めないまま過去へと流れていっちゃうのである。過去に流れていってるということすら、意識しない人がほとんどだと思う。

そんなあやふやな形なきものに思える「いま」が、カメラのシャッターを切りさえすれば一枚の像になって写り、形となって切り取られた「いま」を眺めることができるのである。しかも、写真を残しておけば、その後いつまでも「あの頃」として眺め直すことができるのである。カメラとは、そんな魔法みたいな感覚が宿る道具なのである。

いや、それ、スマホカメラでもできるんじゃない?と言われるかもしれないけど、たしかに物理的にはできる。でも、スマホカメラで残す写真と、カメラのシャッターを切って残す写真には、何か決定的に異なる余韻がある。それはもう、カメラを手にしてシャッターを切ってもらうしか、その感覚を伝えようがなかったりするのだけど。

また、抽象的で感覚的なことを書いてしまった。けれど、その言葉で言い表せない気持ちよさに、人は一度でもカメラを手にしたら手放せなくなるんじゃないだろうか。そして、「いま」という時間や瞬間がいかに尊いものかに気づき、思わず写真にして残し続けたいと考え始めるんじゃないだろうか。カメラの時代が終わるわけはないのである。人間に作用する道具だから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です