Nikon Df

Z fcが登場したことで、カジュアルじゃないほうのNikon Dfも再注目されてる気がする。

Nikon Df

あくまで僕の感覚値ではあるけど、Nikon Dfを手にする人がここにきて増えてる気がするんだよね。それはたぶん、Nikon Z fcの登場のおかげ。クラシックなカメラのデザインに惹かれつつも、軽量でカジュアルな使用感のZ fcに対して、より重厚感を求めてる人が「意外とDfがいいんじゃないか」とDfを再評価してる感じといえばいいだろうか。

Twitterなんか見てても、Z fcの単焦点キットの発売が延期してることもあって、Df買っちゃいました、って人が少なからずいて、Z fcのキャンセルのことはひとまず置いといて、「Nikonのクラシックな良さ」みたいなものに光があたってるんだろうと思う。

もともと、このNikon Dfというのは「最新スペックとか今らしさ」の競争とは無縁のカメラで、デザインひとつとっても古くなりようがないし、動画機能ももともと無いから写真を一枚一枚じっくり撮るスタイルでいえば、その操作性は今でもまったく不満のないレベルなんだよね。

Nikon Df & オールドニッコール

むしろ、光学ファインダーで撮れる一眼レフはここにきて新鮮だし、往年のニッコールレンズたちをアダプター無しで装着して楽しめるルックスは、ミラーレスカメラよりも「らしさ」を楽しめるカメラ。仮にZ fcがフルサイズで登場していたとしても、オールドニッコールを楽しむクラシックスタイルのカメラとしては再び脚光を浴びてたんじゃないかな。

これも想像だけど、あまり値段が落ちない人気を博してるんじゃないかと思うんで、中古で買うにしてもそこそこいいお値段するかもしれないけど、なんというか、そのお値段に見合った「いいモノ感」は絶対感じてもらえると思うので、程度のいいDfを見つけたら買いかもしれないよね。いや、いきなり買わないまでも、一度お店でそのフィーリングをぜひ確かめてほしい。なぜこのカメラが今でも熱烈なファンに支持されてるかがきっとお分かりいただけると思う。

Nikon Dfと数本のオールドニッコールを手元において、一枚一枚じっくりシャッターを切る週末時間。なかなか大人な感じで楽しいと思うよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です