FUJIFILM X100V

「最もおすすめのデジカメは?」と聞かれたら、僕はやっぱりFUJIFILM X100Vかな。

FUJIFILM X100V

「え?コンデジが最もおすすめなの?」と怪訝な顔をされそうだけど、やっぱりそうなるんだよな、僕の場合だと。いや、僕自身もX100V以外のカメラだって使っているし、それぞれのカメラに良さがあって、どのカメラも愛おしいことには変わりない。いくつかのカメラがあることで、カメラを変えるごとに気分転換も図れてるからね。けれど、特別な一台ということになると、X100Vということになる。

正確にいえば、X100シリーズということかな。最新のX100Vであることにはこだわりは無い。事実、僕はフォルムや手に持った時の感触でいえば、初代機X100が好きだからね。究極をいえば、初代機X100にX100Vの最新の機能を載せてくれたらなと思うくらいだから笑。まあ、でもそれも敢えて言うならという程度で、このX100シリーズなら、どの世代の機種を選んでも幸せになれるという意味で、X100シリーズをおすすめしたいんだ。

それは、このカメラが「いつでも肌身離さずそばに置いておきたい」と思わせる、とてもほどよい距離感のカメラだからなんだ。この「ほどよい」というのがとても重要でね。そう、変に力んだりせずに、とてもフランクで自然体でいられるんだ。その大きさ、佇まい、そしてレンズ交換のことなんかを考えなくていい、なんというかとてもラフに付き合える、気取らず付き合える恋人のような。いや、そんな恋人と付き合ったことはないんで、こういう描写が正しいかどうかは分からないんだけど笑。

でも、例えカメラや写真がどんなに好きだとしても、人生の主役は「生活」であってカメラじゃない。特に僕らのような趣味でアマチュア写真愛好家の人間はプロの写真家のようにカメラが命というわけでもない。仕事をしたり、家族と過ごしたり、用事を済ませたり、出かけたりと、日々の現実の営みの中を生きている。その生活を第一にしながら、それをそっと支えてくれるようなカメラが、どんな最強の機能のカメラより僕にとっては最強なんだ。最優秀主演男優賞より、最優秀助演男優賞のカメラ、という立ち位置のカメラかな。合ってるかな?この例え笑。

なんか、おすすめのデジカメというより完全に「僕が好むカメラ」の話になってる気がしないでもないけど笑、世の中の大抵の人たちは普通に暮らしてる人たちだ。つまり、カメラ一筋というより、生活一筋の人たち。であるならば、プロが好むような高機能のデジカメよりも、生活にふっと寄り添ってくれるカメラのほうが、まずはおすすめだと思うんだ。そう考えると、僕のおすすめもあながち間違ってはいない笑。なんでもそうだけど、強烈な押し出しのモノよりも、なんか妙に肌に馴染むモノのほうがしっくりくることがある。カメラでいえばX100シリーズがまさにそんな存在だと思うんだ。

今夜も完全にただの日記みたいなポストになっちゃったけど、まあこれが僕のブログ「記憶カメラ」なのでご容赦いただきたい。またスペックのことなど一行も無いカメラのブログを書いてしまった。そろそろ寝るとしよう。明日の朝の散歩のカメラなどを妄想しながら。もはや、X100シリーズ一択のように思えてきたけど笑。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. ふじかね より:

    楽しく拝見させていただいてます。
    こちらのブログでXE4とX100Vに惹かれちゃって
    どうしようも無くなっちゃって
    とうとう嫁に内緒でX100V購入してしまいました。
    どうしよう。
    でもありがとうございました。

    • kiokucamera より:

      おお、X100V購入おめでとうございます! 肌身離さず撮り始めるとさらにジワジワとX100シリーズの良さがしみてくると思いますので、とにかくたくさんシャッター切りまくられてください。

  2. 猫ひぢり より:

    いつも楽しく拝見しています。現在の所有カメラがX100V、PEN-F、GRⅢというのも、きっとkiokucameraさんの影響かと(笑)。これからも楽しみにしています!

    • kiokucamera より:

      立ち寄ってくださり、ありがとうございます。いい影響を与えることができていればいいのですが…笑。これからどうぞよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。