Fujifilm X100

X100シリーズは、すべてが絶妙のブレンドなんだよね。

FUJIFILM X100 & X100V

僕の手元へやってきた二台のカメラ、FUJIFILM X100とX100V。X100Vを手に入れて異様に魅せられ、そのルーツが知りたくて初代機X100まで手に入れるに至ったわけだけど、これはもう断言するけど、素晴らしくいい。

写真を撮る道具だから、まずは撮れる写真が問題なわけだけど、それはそもそも申し分ない。そのうえで、プロダクトとしてこの二台のカメラは最高中の最高なのである。いちおう、いろんなカメラを試してきたアマチュア写真愛好家の一人がそういうのだから、嘘にはならないと思う。

何がそんなにいいのか?と言われると、あまりにいちいち良いんで、ベストな一つの答えに困るんだけど、つまりそれはすべてにおいてバランスが良いということになるだろうか。撮れる写真、見た目のフォルム、大きさ、軽さ、ファインダー、手に持った時の異様に馴染む感じ、もうすべてにおいて突き詰められている、そんなカメラだと思う。

決して高級なカメラではないかもしれないけど、むしろそこが凄い。ともするとエントリー機ともとれるコンデジというジャンルで、ここまで突き詰めたカメラを世に送り出そうと考えた富士フイルムはクレイジーといってもいいんじゃないか。いや、これは玄人好みに仕立て上げた戦略機なんじゃないかとさえ思う。今ごろ気がついたのかとも言われそうだけどね。

言葉で伝えるのは困難を極めるそのエモーショナルな質は、ぜひ手にとって確かめてもらいたい。あ、ひとつだけ苦言を呈すと、シャッター音だけは駄目だ。ても、そこはスナップシューターだから無音にするだけでいい。それさえ目をつぶればこのX100シリーズは恐ろしく完璧だ。これなら、僕は富士フイルムがフィルムからデジタルへ完全に移行しても、ある種認めざるを得ない、そんな風に考えている。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です