FUJIFILM X100V

フィルムカメラやってると、デジカメの手ぶれ補正の有無は特に気にならない。

FUJIFILM X100V

あくまで僕の場合だけど、デジカメ購入の選択条件に「手ぶれ補正があるから」みたいなことはこれまで考えたことないなあと。気にもとめたことがないという方が正しいか。

もちろん、夜のスローシャッターの凄さみたいな記事を見て、なるほどと思うことはあるんだけど、まあ僕の場合はそんな凄いシチュエーションの写真を撮ってるわけでもなく、その撮り方みたいなのもフィルムカメラでのスナップの延長みたいなシンプルなものなんで、息を止めてフィルムカメラの要領で撮ればよし、みたいなところがあるんだよね。

実際、フィルムライカやRollei35みたいなシャッターショックのないカメラなら、ISO100のフィルムでも夜の街をスナップしちゃうので、それからすると高感度で撮れるデジカメはもう出来過ぎみたいなところがあるし、なにより多少のブレは僕は好みだったりする。少しブレてるくらいがリアリティがあると思ったりもしているので。

動画を撮る人はそういうわけにもいかないだろうから、近ごろのカメラは動画対策で手ぶれ補正を必要としてるのかもしれないけど、僕は動画もまったく撮らない使い方でしかカメラを活用しきれていないんで笑、どちらかといえば昨今では少数派の意見かもしれない。でも、そう捉えるとカメラは何も新製品が登場するたびに激しく買い換える必要はないんだよね。気に入ったカメラを息長く使い込む、それもまたカメラ会社に対する愛情の現れなんじゃないかな、とか最近思ってる。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です