カメラへの思い

バリアングルモニターは、裏返してオフに。それだけでも撮影リズムは楽しくなる。

OLYMPUS PEN-F

これはOLYMPUS PEN-Fの後ろ姿だけど、よく見てもらえると分かるように、背面モニターは無い。バリアングルモニターなんで、僕はひっくり返して見えないようにしている。

フィルムカメラのようなクラシックスタイルのPEN-Fは、おそらくそうした使い方のユーザーニーズを想定して、バリアングルモニターを閉じた時に見える背面には質の高い皮革調の素材が施されている。一見すると、まさしくフィルムカメラ的に見えるわけだ。

とはいえファインダーをのぞくと、EVFだから撮れるであろう画像がほぼほぼ見えてしまうわけだけど、シャッターを切った直後にいちいち背面モニターを確認しないだけでも、撮影リズムはあのフィルムカメラでの撮影のようにテンポがよくなる。

趣味の写真撮影なら失敗カットが量産されようとも、撮影リズムが心地よければそれは何物にも代え難い楽しさをもたらす。僕がPEN-Fで撮る写真はまさにそんな趣味のスナップの範疇だから、撮った直後に上手く撮れたかなんて確認するレベルにない。それよりもなによりも、撮っていて楽しい時間を最優先している。

まあ、人間だから、背面モニターがあれば反射的にどうしても画像をいちいち確認しちゃうよね。だから、僕は物理的に背面モニターを閉じるようにしてるし、FUJIFILM X-Pro3を使うのも物理的に背面モニターを見れないようにできることが大きい。しかもOVFが選べるから、まさしくフィルムカメラのように写真を確認するのは帰宅してからという時差を楽しんでいる。

まあ、これはその人それぞれの好みだから、すべての人におすすめするものでもない。デジカメなんだから、撮った直後に撮影画像を確認できなくてどうする!という人も多いだろうし、失敗できない撮影の時なんかは尚更だ。

でも、僕のように、あとから撮影画像を確認して、あゝ失敗写真ばかりだったなあと気長に考えられる人なら、一度はこの背面モニターオフでの撮影をおすすめする。フィルムカメラをやっていた人なら、そう、あのリズムに帰ることが新鮮だろうし、フィルムカメラ時代を知らない人でも、背面モニターを見ない撮影体験はなかなか愉快に感じることだろう。

撮る時は、ひたすらファインダーの向こうの光景と対峙することに集中して、撮れた写真は後でゆっくり撮影シーンを思い出しながら一枚一枚一枚じっくり確認する。そう、現像から帰ってきたネガとプリントを確認するように。新しいカメラを手に入れるよりも、この撮影方法を試すほうがかなり新鮮かもしれない。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。