Nikon Z fc

いいんじゃないかな 、Nikonの新しい風を感じる。Nikon Z fc 誕生。

Nikon Z fc, サンドベージュ。公式HPより

連日「噂」がネット上を賑わせていたカメラ、Nikonの新しいAPS-Cミラーレス機が、ついに本日、正式に発表された。噂の通り、Nikon Z fcというネーミングで世の中に本当に出てきたのである。

いわゆるレトロスタイルとかクラシックタイプと呼ばれるそのデザインは、趣味性を研ぎ澄ましたようなカメラだから、当然好みも分かれるところだけど、でもどうだろう、Twitterの声なんかを見てると、概ね好評を得ているように僕には見える。みんな、心のどこかでNikonには元気でいてほしいという想いもあっての「待ってました!Nikonだから出せるカメラ」、という歓迎ムードなんじゃないかなと思ってる。

Nikon Z fc, 貼り革バリエーション。公式HPより

注目されるのはそのレトロなデザインだけど、僕がいいなと思うのは、往年のニコンファンに向けたかつてのNikon Dfのアプローチとは違って、「いまを生きる若い人たち」へのアプローチを強く感じたこと。

いや、これだって、人それぞれ印象の受け取り方は違うし、実際に売れるかどうかは販売してみないと誰にも分からない。でも、だからといって10人いれば10人が「まあ、いいんじゃない?」と無難に反応する道ではなくて、仮に異論を唱える人がいたとしても「好きな人には、理屈を超えて熱烈に愛されるカメラ」という道を、ニコンは今回選んで歩き始めたと思うんだよね。いまの市場の反応を見てると、まさしくその姿勢に対する反応が、久しぶりにニコンを話題にさせていると思う。

Nikon Z fc: 公式HPより

とはいえ、さすがニコンだと思うのは、若者向けのイメージ戦略に打って出たわけではなく、往年のニコンファンをも納得させるしっかりとした製品づくりを行なっていること。マグネシウム合金を要したボディは、単に若者に人気のフィルムカメラ風のカジュアルさで「洋服を着替えました」という感覚ではなく、中身からしっかりとしたイイモノ感を醸し出している。さすがニコン、という感じだ。

フィルムニコンのユーザーであり、Nikon Dfのユーザーでもある僕からすると、もちろん興味をそそられるその内容。まずは、お店で実機を触ってみたいし、ニコンの開発者の方々の熱量みたいなものを感じとってみたいと思ってる。

即、買います!と言いたいところだけど、ここのところカメラやレンズを買い過ぎで、なかなか「予算もカラダも無い」ような状態なので、そこは製品やユーザーの方々のレビューを確かめながら、ゆっくり時間をかけて検討していきたいと思ってる。変に「往年のフィルムカメラへの郷愁」みたいなことだけで衝動に流されないように気をつけながら笑。

でも、とにかく思うのは「このニコンは、若い人に売れてほしい」ということ。僕らのようなおじさんがこぞって熱く語るニコンというより、若い人たちの日常に自然と溶け込むような、そんな「いまの風としてのニコン」。そんな風が吹いたら、スマホカメラ云々なんてこととはまったく別次元の、なにか新しい文化のようなものが芽生えるんじゃないかと思うんだ。いや、決して大袈裟ではなく、本当に。未来はつくるものであってほしいからね。

◎追記)YouTubeでNikon Plaza Tokyoの様子をLuTiE Filmさんが動画アップされていたので、ぜひこちらもご覧を。いやあ、ライトでカジュアルな感じが伝わってきました!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。