カメラへの思い

シルバーの写真機、FUJIFILM X-T5がやって来た。

FUJIFILM X-T5 シルバーボディ

2022年11月25日、いよいよ予約していたFUJIFILM X-T5を受け取ってきた。色はご覧の通り、シルバーをチョイスした。実は僕の歴代のFUJI機のなかで、シルバーボディを選んだのは久しぶり。X-E2以来の二回目という、けっこう稀な選択だ。

初代X100や現行X100Vもブラックだし、X-E4もブラック。X-Pro3はデュラテクト加工のDRブラックだけど、まあダークカラーなんでほぼブラック。そういう意味では、今回は「シルバーにしよう」という「あえて」な感じがどこかあった。

それはやっぱり「写真機への原点回帰」という富士フイルムがX-T5に掲げたメッセージによるところが大きい。

そもそも、僕がX-T5を手にしようと思ったのは4000万画素という高画素化が魅力だったわけじゃなく、新型を出すにあたり「小型軽量化」して初代X-T1の頃のサイズをめざして写真機回帰を図った、という点に尽きる。

動画機全盛の時代に「写真機」として打ち出してきた富士フイルムのその姿勢に、乗ってみようと考えたのである。

FUJIFILM X-T5 シルバーボディ, XF 35mm f1.4R

そんなことを勝手にじぶんのなかで考えて舞い上がった結果、そこまで写真機にこだわるなら色もクラシックなシルバーがいいかもと思い立ち、ちょっと他のFUJIFILM所有機とは異なるいでたちのシルバーボディが僕のラインナップに加わることとなったわけである。

しかし、こうして眺めてみるとやっぱり僕的には正解だったかなと。こんどのX-T5は、本当に驚くほど小さく、軽い。どうかしたら以前使っていたX-T2より軽量コンパクトなんじゃないか、とすら感じる。(いや、さすがに気のせいかもだけど)

まさにフィルムカメラの、あのベストサイズを再現しようとAPS-Cセンサーサイズを選んだ富士フイルムらしさが体現されているように思えて、そういうフィルムカメラライクという意味でもギュッと凝縮されたシルバーの塊が実によく似合う。

FUJIFILM X-T5, XF 35mm f1.4R, ノスタルジックネガ

届いたばかりで、まだほとんどシャッターは切れていないんだけど、ひとまず新しく搭載されたフィルムシミュレーション「ノスタルジックネガ」は数枚撮ってみた。とにかくデータが重くならないよう最小サイズで撮ってるし、まだその特徴みたいなものは分からない。おいおい掴んでいきたいと思う。

あと、シャッターフィールはお店で来た時はマットで静かな現代的な感じがしたけど、いざ屋外でシャッターを切ってみると、やはりX-T2の面影を思い出した。EVFの大きなファインダーで撮る感じも、そうそう、これがX-Tシリーズだ!みたいなね。

FUJIFILM X-T5, XF 35mm f1.4R

まあ、まだほとんど語れることは無いんだけど、幸い明日から二日間の週末だから、ちょっとこいつに機材を絞って、少し集中的に使い込んでみたいと思う。

それでも、ファーストインプレッションとして言えるのは、フィルムカメラを思わせる小粋な写真機としての軽快さは色濃く味わえるよ、ということ。それも、肩肘張らないラフさで、まさにフィルムカメラをぶら下げて歩くあの感覚。

僕的には、それだけで所有する価値は十二分にあると感じている。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。