FUJIFILM Xシリーズ

ここにきて、FUJIのXシリーズが異様に気になり始めている。

FUJIFILM X100 Black Limited Edition

僕のここ最近のブログやTwitterを見てくれている人はお分かりだと思うけど、僕はいまFUJIFILMのXシリーズにゾッコンなのである。なかでもコンパクトなFUJI機にやられてるわけだけど、それは単にカメラというプロダクトにやられてるわけじゃなくて、フィルムシミュレーションという富士フイルムの写りへのこだわりも含めてやられてるわけで、これはつまりカメラも写りも完璧にやられてると言っていい。

APS-Cであることが正義のように思えてきていて、デジカメはなにもフルサイズである必要はないし、いやむしろAPS-Cこそデジカメのベストバランスじゃないかとさえ思い始めてる。これは間違いなくFUJIFILM のカメラの影響なのである。写りの濃厚さを犠牲にすることなくベストな大きさを実現したFUJI機のそのこだわり、徹底したポリシーにやられているわけなんだな。

実は今日も少しX-S10を触ってきた。FUJI機の現行フラッグシップ機のひとつ、X-T4の写りもそのままに小型化した最新カメラなわけだけど、キットのレンズでも驚くほどボケるし、何よりそのコンパクトさはある意味驚嘆のレベル。ほんと、思わず買いそうになったから笑。

あと、X-T2も気になった。非常に使用感のないX-T2があって、これまでのX100系の信頼感があるから、少々古い機種でもなんら問題ないという印象があって、だったらX-Tシリーズも体感してみたいなとか考えたわけである。ここのところカメラを買いすぎているんで今日のところは思いとどまったけど、それほどまでに僕はいま、FUJIFILMのXシリーズに目を奪われているんだよね。

気のせいか、世の中的にもFUJIFILMのXシリーズに注目が集まっている気がするんだよね。僕はそのバランスの見事さからX100系に取り憑かれたようになってるけど、X-Tシリーズもいいし、X-Proシリーズだってついつい目がいく。本当に見事なくらいあの大きさのFUJI機が素晴らしいと思えるわけである。

写真はそのFUJIFILM Xシリーズの原点であるX100初代機だけど、そこには国内唯一となったなったフィルムメーカーの執念というか使命感みたいなものを感じずにはいられないんだよね。そこまでこだわるのか!っていう熱量みたいなもの。世の中はミラーレス移行期でとかくフルサイズ機に目が行きがちだけど、僕はミラーレスのベストバランスはこのFUJI機たちじゃないかと密かに思っている。いや、凄いよ、この富士フイルムというブランドは。言い過ぎかもしれないけど、僕は感服してるんだ、このFUJI機たちに。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です