FUJIFILM X-E4

「カメラで撮ってる」と思わせるFUJIFILM。

FUJIFILM X-E4, XF 35/1.4R

昨日はミラーレスのちょっとしたクラシックスタイルブームのことについて書いたけど、ことFUJIFILMのカメラについて言うと「ミラーレスであることを意識しない」というのが僕の中にある。

なんというか「かつてのフィルム時代からの“カメラ”で撮ってる」という印象が強いというか、やれデジタルであるとかフィルムであるとかすらもあまり意識しない。そんなだから、APS-Cサイズであることなんかもまったく意識しない。そういう意味では、とても独特のカメラメーカーなんじゃないかと思う。

そんな無意識のうちに体質をFUJIFILM慣れさせてしまうカメラだから、一度このメーカーのカメラに慣れてしまうと、なかなか離れられなくなる笑。絞りをレンズ部で調節できることだったり、フィルムシミュレーションを選んで撮るフィーリングだったり、小気味よいシャッター音だったり。あらためて「カメラ好き」の人たちがワイワイ言いながら作ってるカメラだなと思うのである。

そんなだから、たとえば今人気のAPS-Cミラーレス機Nikon Zfcなんかが登場しても、このFUJIFILMな人たちは揺るがないなあなんて印象もある。デザインだけじゃない、トータルの「らしさ」としてすっかりFUJIFILM体質になっている人にとっては、きっとカメラは「FUJIFILMか、それ以外か」というような捉え方なんじゃないかと思う。いや、そんな理屈的に考えてもいなくて、無意識にそう思ってる感じだろうな。

これはなかなか強力なブランディングだよね。ものすごく押しの強い攻め方というより、気がついたらすっかりカラダに染み付いていて、もはや離れられないようになる攻め方?だから。でも、写真を撮ることっていうのは、本来カメラだけでどうこう語るもんじゃなくて、いろんな要素が混じり合ってその良さを体感するものだから、このFUJIFILMが作り出すトータルの世界観というのは、ある意味最強かもしれない。

X-E4なんかは、いまだになかなか手に入りづらい状況のようで、首を長くして購入待ちしてる人もたくさんいるようだけど、それだけ待ってでも満足する何かがこのカメラにはきっとある。ひとことで語れる良さというよりは、もっと複雑で、それでいてしなやかなトータルバランスの良さということになるけどね。でも、人はそういう少し曖昧なものに強く惹かれるのだよ。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です