FUJIFILM X-E4

七工匠 7Artisansのf0.95は、ボケ好きとしては凄く楽しかった。

FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

その写りの質がどうのこうのという話は置いといて、ボケに関していえばほんと楽しいのひと言に尽きるf0.95の描写。僕のようにボケが好きでカメラを始めたような人間には、最高の遊び道具なわけである。

最初に断っておくと、この記事はPR案件でもなんでもなく、ただ僕が個人で購入した七工匠のレンズのことを、普通に一般のユーザーとして書いているのであしからず。

7Artisans 50mm f0.95, FUJIFILM X-Pro3
FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

僕のは富士フイルムXマウント用のもので、このレンズを購入してからX-Pro3とX-E4に装着していろいろ試し撮りしてみたけど、写りはもちろんどちらも良いけど、レンズをつけたフィーリングとしてはX-E4のほうがライトな感覚がして楽しいかなと思った。これも人それぞれの感想だと思う。

カメラの話はきょうは置いといて、ボケの楽しさの話ということで、今回はひたすらボケで楽しいと感じた写真たちを貼っておこうと思う。

FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95
FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95
FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95
FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

開放時は描写がひたすら浅く、シャープさもあまいけど、それがむしろ遊び心をくすぐるというか、この驚くような低価格でf0.95の世界を体験できるよう製品化に取り組んだ七工匠の開発陣こそ、最高の遊び心を持った人たちなんだろうなと思う。

ボケ好きの僕は過去にズミルックス50なんかも使ってたけど、もちろんライカのレンズの描写は恐ろしく素晴らしいけど、やっぱり遊ぶというにはあまりに高価だからね。それからすると3万円を切る価格でこのボケ体験がてぎるのは、とんでもなく貴重なのである。

FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

僕はあまり強くはカメラやレンズをゴリ推しはしないんだけど、このレンズだけは一度は体験してみて損はないんじゃないかと思う。いや、シンプルにスマホカメラでは体験できないボケの世界なんで、これはカメラを所有してる人の特権だと思うんだよね。

Xマウントの他にもいくつかのマウントが選べるみたいだから、いろんなカメラユーザーがこのボケと遊べる環境にあると思う。あまりにボケにハマって、なんか撮りたいシチュエーションがこんがらがったり、ズミルックスやノクチルックスが欲しくなって飛躍しすぎてしまったら、それはしょうがないというか、ご了承を笑。

FUJIFILM X-Pro3, 7Artisans 50/0.95

でも、安いレンズだからこそ「遊べる」というか、気持ちもライトに楽しむことができると感じていて、僕なんかはむしろ最近は安いレンズのほうが燃える(萌えるかな)し、なんかお金のない子どもの頃にいろいろ工夫して遊んだ頃のことを思い出すというか、ヤンチャになれる気がしてる。

ボケは、本格的カメラでしか味わえない分かりやすいメリット。かつてならそう簡単には体験できなかったこれだけのボケが、この時代になってこんな価格で楽しめるようになったのは驚きたし奇跡。カメラの世界は案外、未来が開けてるぞなんて思うのである。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。