PENTAX K-3 Mark III

コンパクトな一眼レフと単焦点レンズの快楽。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

平日はコンパクトなスナップシューターを好む僕だけど、週末はやっぱり光学ファインダーをのぞきながらシャッターフィールを楽しむカメラが使いたくなる。

そういう意味では、あいかわらず一眼レフは不変のパートナーだ。

世の中はずいぶんとミラーレスへと移行した感があるけど、Nikon DfやPENTAX K-3 IIIといったコンパクトな一眼レフなら、特に大きさや重さを感じることは僕は無い。

Nikon Df

組み合わせるレンズが単焦点レンズなら、レンズがコンパクトなこともあってボディと合わせたトータルバランスでいえば、一眼レフはギュッと凝縮された塊感があって、あいかわらず振り回しやすい。

Nikon DfやPENTAX K-3 IIIも良いのは、FマウントとKマウントという不変のマウントのオールドレンズが割安でふんだんに楽しめるところ。

なおかつ、Nikon Dfもずいぶん中古価格がこなれてきたし、ここにきてPENTAX K-3 IIIも少し新品価格が下がりつつある。共に少し前まで安くないボディ価格だったけど、そろそろ手に入れ時になってきたのも朗報だ。

PENTAX K-3 Mark III, smc PENTAX-M 50/2

僕の場合は、平日のストリート系のスナップは割とノーファインダー気味で撮ることもあってEVFでもなんら問題ないんだけど、週末はその反動も含めて光学ファインダーでじっくり撮りたいという思いがある。

ミラーレスも光学ファインダーが使えるFUJIFILM X-Proシリーズを好んで使うけど、やはり没入感が味わえるのは一眼レフのほうが濃厚だ。

ミラーレス時代の良さも堪能しつつ、変わらない一眼レフの魅力も謳歌していきたい。フィルムも楽しめることも含めて、実に多様で贅沢な時代を生きているのかもしれない。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。