カメラへの思い

カメラ好きの人たちは、カメラ好きを増やしたい人たち。

Kodak Signet35

まあこれは僕の思い込みが過ぎるかもしれないけど、カメラを始めていろんな人の声を耳にしたり行動を目撃するようになって、割とその思いは確信に近いように感じる。

そこにはまず、その人自身がカメラで写真を撮るようになって、少なからず人生が豊かになったと感じる経験値があるんだと思う。退屈だった日々がそれこそカメラを手にして以来、何か満たされるものへと変わっていった実感。かつての自分と同じように、もしどこかでくすぶってるひとがいたら、カメラの存在を教えてあげたい、そう考えるんだと思う。

もう一つは、カメラをやってる人が少なからず感じているカメラ業界の危機みたいなものに対する、支援の共犯意識みたいなものかな。誰かにカメラの幸福感を教えて、それでもってカメラ業界にも恩恵があれば、こんなハッピーなことはない。そういう、誰から頼まれたわけでもないけどみんなで手を取り合う意識だね。

微力ながら僕の意識もそういうところにある。このブログも、Twitterの投稿も、また明日一人でもカメラ好きな人が増えたら、世界はちょっと豊かになるんじゃないかと、割と本気で考えている。

そうそう、最近ひょんなことから楽天ROOMというところでアカウントを立ち上げて、カメラ製品の投稿をぼちぼちやっている。

楽天ROOMのことを知らない人に簡単に説明すると、じぶん専用のROOMを作って、そこにじぶんがお気に入りの楽天市場の商品たちを紹介しあって、フォロワーの人たちと交流する楽天版SNSのようなものだ。

そこで紹介した商品が楽天市場を介して売れると、いわゆるアフィリエイトとしてわずかながら収益が発生するから、割とメンバーの人たちは主婦の人たちが多いんだけど、僕はそんなところでも懲りずにカメラの宣伝ばかりしている笑。

大抵みんなレディースファッションやインテリア、日用品などを紹介し合ってるから、僕みたいにカメラなんてアイテムを紹介してるROOMはまず見かけない。そんなだからカメラが売れたりもしないのだけど笑、いいのいいの、僕はカメラが宣伝できれば、みたいな。

アカウントを作って割とすぐにカメラニーズはそれほど無いことに気がついて、なんかこれ意味あるんだっけ?とやめちゃおうかとも思ったんだけど、考えてみると主婦の人たちにカメラの素晴らしさをアピールするチャンスじゃないか!と思い立ち、まだなんとか投稿を続けてる笑。

いやあ、じぶんでもよくやるなあと思うけど、カメラを好きになってしまった人間の一人として、どんなカタチであれ、カメラ好きな人を一人でも増やせると素敵だよなという思いがやっぱりあってね。

フィルムでもデジカメでも入り口はなんでもいいんだよね。ランニングコストが気になるなら、デジカメがやっぱり入りやすいだろうし、インスタで映えのある写真にチャレンジしてみたいと思えば、安いフィルムカメラを手に入れてゆるふわ写真に挑戦してもいい。シャッターを切れば、必ず何かしら世界は動き出すからね。

考えてみると、このブログも6年ほど書いている。何か特別なことが書いてあるわけじゃないけど、このブログを読んで少なからず行動を起こしてくれた人もいて、それがまた僕の励みにもなって、懲りずにこうしてきょうもブログを書き続けている。

カメラ好きな他の人たちを見ても、みんな思い思いの方法で、やっぱりどこかカメラや写真の楽しさを伝えようと行動してるように見える。僕はまたそういう人たちの姿が好きなんだよな。カメラが好きな人たちが好き、みたいな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です