FUJIFILM Xシリーズ

平日はサクサク撮る。週末はジワジワ撮る。

FUJIFILM X-Pro1と週末スナップ

僕のブログは記事というよりはほんとブログで、Twitter140字では書けないけど、かといって記事と呼ぶほどは綿密ではない、そんな文章量と内容なのでご了承いただくとして。

まあ、つまりカメラが好きでカメラのある日常をそれとなく日記としてここに記しているようなところがあって、日々なにげに撮っている写真たちの保管庫でもある。そういう意味では、ブログでもnoteでもいいから、写真たちをフロー型ではなくストック型で格納しておく場所をつくるのを、ぜひおすすめしたい。

で、本論だけど、僕の場合のスナップは平日と週末とでガラッと変わる。平日は街中で人の気配のあるスナップを道すがら撮る感じなんで、カメラはとにかく小さく手軽なコンパクトタイプ。FUJIFILM X100Vがいちばん多いけど、FUJIならあとはX-E3、これから持ち出そうとしているX-M1とかかな。あとOLYMPUS PEN-F、SIGMA DP2 Merrill、RICOH GRD2、GRD3といったところかな。フィルムコンパクトはKonica C35、OLYMPUS PEN S、Rollei35とか多数。

もうね、とにかくフィルムカメラ的にサクサク撮る。何が撮れてるかなんてその瞬間はどうでもよくて、シャッターを切った瞬間にもう次へ向かってる感じ。別にたいそうなものは撮ってないから笑、リズム優先で撮ってる感じかな。あとから、どんな目線でじぶんが街を切り取ったのかを見るのが楽しいんだよね。

FUJIFILM X100Vと平日スナップ

平日はわりとそんな風に常に歩きながらサクサク撮ってる感じだから、週末になるととにかくゆっくりじっくり撮りたいと本能が思う。週末まで人の多いところへ出かけたいとはこれっぽっちも思わない笑。人を避けずに歩ける家の近所がほんと大好きで、そんな辺りをのんびり散歩しながら撮り歩いてる。

そう、ファインダーの中をのぞきなからマニュアルモードで撮るのが至福。どこでどんな風に立ち止まっても、まわりに人はほぼいないんで迷惑もかからない。膝小僧をついて地面なんかを撮っていても、まわりに人がいなければ恥ずかしくないしね。そんなだから、カメラは少し大ぶりでもいい、じっくり構えて「カメラらしさ」を楽しめるものがチョイスになる。

Nikon Dfだったり、オールドニッコールと合わせてCCDのNikon D200やD70、D3000とか。あと最近はなんといっても軽いFUJI機が多くて、X-T2やX-Pro1で撮り歩くのがお気に入り。共通するのはマニュアルで撮りやすいカメラということになるかな。まあ何か強烈なポリシーがあるというよりは、いつのまにか結果的にそうなったんだけどね。

この平日と週末のメリハリみたいなのもいいのかもしれない。週末的写真を撮ってるとだんだんと平日的写真が撮りたくなるし、その逆も然り。それで、なんとなくじぶんの中でバランスをとってるんだろうと思う。明と暗、光と影、足すと引く、速いと遅い、昼と夜…。万物は相反するモノとモノとのバランスでできている。カメラもまたそんな感じで、僕は楽しんでいる。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です