Nikon Z fc

いろんな人が、思い思いの愛し方で楽しんでるのが、Nikon Z fcのいいところ。

Nikon Z fc

こういう角度から見ると、もうまるでフィルムカメラで、僕なんかはそこにやられるわけだけど、Zfcが凄いのは僕らフィルムおじさんたちがターゲットじゃないってところだろう。

いや、正確にいうと僕のような人間も気にしてくれるだろうとニコン開発陣は踏んでいたとは思うけど、蓋を開けたらニコンが想像した以上に郷愁おじさんたちが食いついてきたという感じなんだろうね笑。いや、いいことだ、実に。

で、本題だけど、このNikon Z fc、ニコンが目論んだようにピンクやグリーン、ブラウンなんかに貼り革をチェンジして楽しんでる人がけっこういる。そういう人たちがツイートしてる愛機の写真たちは実に軽やかでカッコいいし、Z fcというカメラが開く楽しみ方の広さみたいなものを凄く感じる。

懐かしさ、可愛さ、カッコ良さ、おしゃれさ、撮る楽しさ、持ち運びやすさ、被写体としての良さ、ファッションアイテム、インテリア、そして何よりもいいなと思うのは「初めてのカメラ」として購入している人がけっこういること。スマホカメラでも特に困らない現代人たちに、このカメラが欲しいと思わせたことは、実はとんでもなく事件なことだと僕なんかは思ってる。

何なんだろうね、この古きNikonを愛する人から、カメラをやったことがなかった人まで、振り幅として両極端ともいっていい人たちを広く魅了する一台のカメラ。こんなカメラ、過去にあったっけ?

数日前のブログにも書いたけど、もはやカメラが生き残る道としては、実用品としての撮影機器としてはコンデジはスマホカメラに取って代わられたから、思いっきり趣味嗜好品に振り切ってお金をあえて出してもらえるカメラへと舵を切っていかないといけない。Z fcはその可能性みたいなものを開いたと思うんだよね。

ニコンがZ fcを世に出したのは、ほんと大英断だよ。多くのカメラファンに注目させたことよりも、カメラファンじゃなかった人を振り向かせたそのエネルギーこそが、このカメラの存在意義でありパワーだ。やれ、軽すぎるとか、質感がカジュアルすぎるとかいう声もあるけど、それも含めてこのカメラはひとつの立ち位置みたいなものをカメラ界に明示してみせた。

なんか、この先、少しカメラとカメラ界の突き進み方が変わるきっかけになった気がするんだよね。Nikon Z fcから始まるのは、ニコンの逆襲だけじゃなく、カメラ界の逆襲なんじゃないかと感じるんだけど、どうだろう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です