カメラへの思い

クラシック音楽ファシリテータの飯田有抄さんのコンデジ選びが、やっぱり素敵だった。

きょうのブログは、あるお方のYouTube動画のご紹介です。そう、タイトルを見てピンときた人もいるかと思うけど、FUJIFILMユーザーにはおなじみの「FUJIFILMへの愛を叫ぶ動画」を作られた飯田有抄さんの動画続編です。

飯田さんのことをまだご存知ない方は、ぜひ以下の過去記事もご覧ください。カメラ好きな人なら、まずシビれます笑。(記事内の特に2本目のX-Pro3購入動画がおすすめです)

クラシック音楽ファシリテーター・飯田有抄さんの「FUJIFILM愛を叫ぶ動画たち」が素晴らしい。 きょうはすでにブログを一本アップしてたんだけど、うん、どうしてももう一本あげておこうと思い立ち、いま、せっせと書き始めている。何...

飯田さんのお仕事はクラシック音楽ファシリテータというとてもクリエイティブなお仕事で、そういうセンスが滲み出るというか、カメラのことを語られる動画もとてもエモーショナルで、スペックよりもそうした情感を好む僕なんかは、ほんと大共感するわけです。

で、そんな飯田さんが「コンデジ選びは楽しい」という実に興味深いタイトルの動画をアップしたとツイートされていたんで、これは要チェックだとYouTube動画を観に行ってみたら、何やら聞いたことのある名前が出てきて驚いたり笑。

それはともかくとして、飯田さんのカメラ選びがやっぱり素敵だなあと唸るわけです。まずは、以下の動画をご覧ください。

どうでした?。今回も飯田さんの人柄、そしてエモーションを大切にするカメラ選びに、なんか素敵な日常であり人生だなあと思うわけです。

とても気さくにお話されるのも、なにか身近に話しかけてくれてるような感じがして、それこそ飯田さんとカフェとかお家でカメラ談義をさせてもらってるかのような気分になりますよね。(飯田さんの動画は毎回、ほぼ編集カット無しなので、それも凄いです)

そのカメラのどこに惹かれたのか、そしてそのカメラがあることでどんな心境の変化があったのかとか、とてもジンジンと伝わってきます、うん。

カメラって、やっぱりライフスタイルや過ごし方、生き方みたいなものを少し変えてくれるチカラを持っているよね。飯田さんがその新しいコンデジを持ち出して早速スナップを撮っている写真を見て、本当にそう思いました。

飯田さんが動画の中で言われている「気持ちが上がるカメラ」。もうほんと、それです!という感じ。

カメラによって、気持ちが上がって、新しい道がポッと目の前に開ける、そんな感覚が飯田さんの動画からはあったかく感じとることができます。

この動画、一人でも多くの人に(カメラをこれから始めようかなと思ってる人にも!)観てほしいので、よかったらシェアなどしてもらえるとうれしいです。どうぞ、よろしくお願いします^ ^

いやあ、それにしても美しいカメラだ。

ちなみに僕のはLumixのMark II版です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。