FUJIFILM X-Pro3

僕の中で中心にいるカメラ、FUJIFILM X-Pro3 DRブラック。

FUJIFILM X-Pro3 DRブラック, Nokton classic 35mm f1.4 SC II

このブログやTwitterアカウントを見てくれている人はお分かりだと思うけど、僕は日々いろんな種類のカメラを割と頻繁にローテーションして使っている。

カメラは使わないと調子が悪くなるプロダクトだったりするから、なるべく満遍なくローテーションして使ってやろうということと、そもそもフィルムカメラをはじめデジタル一眼レフ、ミラーレスとカメラならなんでも好きな博愛主義なので、物理的にもローテーションするカメラが多いという事情もある笑。

でも、そんないろんなカメラをローテーションしつつも、いつも帰る場所というかハブのようにその中心にいるのが、この富士フイルムのミラーレス機、X-Pro3じゃないかと思う。

そのいちばんの理由は、僕のカメラ選びの原点というか「写真機」としての楽しみが最も内包されていること、そして大きさや重さなどがストリートに持ち出すにも近所を散歩するにもちょうどいいということだろう。

写真機としての楽しみについては、このブログでも何度もふれているけど、フィルムカメラ時代の撮影所作がほぼそのまま楽しめることが大きい。絞り、シャッタースピード、光学ファインダー、撮ったその場でいちいち撮影画像を確認しない流れ、そしてフィルムシミュレーション。フィルムが高騰したいま、そのフィルムカメラで撮る気分をまさしくX-Pro3がカバーしてくれている。

レンズ交換式のミラーレス機だから、さまざまなレンズを装着してローテーションを楽しめるというのも大きい。ここについてはフィルムカメラよりもさらに濃厚な写真機らしさかもしれない。

FUJIFILM X-Pro3

あとは大きさや重量バランスについては、前回もブログに書いたけど、まさにあちこち連れ出すのにはギリギリの重さ。もちろん週末なんかはさらに大きく重いデジタル一眼レフなんかも楽しんでるけど、毎度重いカメラを持ち歩く体力や嗜好は僕には無い。結局のところ、中心にはいつもこのX-Pro3がいるように思う。

僕はX-Proシリーズの初代機であるX-Pro1も使っているけど、そちらがブラックだったこともあり、このX-Pro3は素のブラックではなく、チタンにデュラテクト加工を施したDRブラックというカラーのものを使っている。

実はお店に行って実物を見るまでは、心の中では素のブラックに決めていたんだけど、念のためというかDRブラックの新品在庫もあるというんで眺めるだけと思い見させてもらったら、一発でDRブラックの雰囲気を気に入ってしまった。結果として、ブラックのX-Pro1とDRブラックのX-Pro3のふたつの風合いを楽しめてるけど、こうして朝陽にあたるDRブラックのX-Pro3を見ると実にカッコいい。

写真はカッコで撮るわけじゃないけど、その気になれるカメラを持つことで撮影時の気分が高揚したり、外へ持ち出したくなる効果というのはやっぱりあって、カメラ自体を気にいることは写真にもなにかしらの影響を与えると感じている。

以前はライカM型デジタルやNikon Dfなどデジタル一眼レフが僕の中の中心的機材だったけど、それらを通過していまはX-Pro3が中心にいることを考えると、やっぱり僕にとっては最もいいバランスをしているカメラなんだろうなと思う。

カメラはある意味、肉体の一部みたいに感じられるかどうかが大きい。それも、人それぞれだから、みんな「これが私だ」という一台との出会いを求めて、いろんなカメラを試したりしているのかもなと。そういう意味では、僕はこのX-Pro3に出会えたことは大きい。あなたにとって、そんなカメラとはなんだろう。もう出会えた人もいれば、これから出会うであろう人も。旅は続くよね。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。