FUJIFILM X-Pro3

軽いレンズで、FUJIFILM X-Pro3をより軽快にする。

FUJIFILM X-Pro3, XF 35mm f2 R WR

FUJIFILM X-Pro3に久しぶりにXF 35mm f2 R WRを装着して撮ったんだけど、いやあ、やっぱりいいね。鼻先が軽くなることでX-Pro3全体が軽くなる感覚が凄くて、本来のX-Pro3の軽やかさが一気に蘇る感じがあって、あゝこれなのだよーと思った。

ここなところ、X-Pro3には今年買い足した少し大ぶりなレンズ XF 23mm f1.4Rを装着していたんだけど、それと比べるとまるでX100Vで撮ってるかのようにX-Pro3が軽く感じるのだ。

というか、X-Pro3は本来からすると見た目を裏切る軽さが魅力だったりする。たぶん見た目はLeica M型デジタルより大きい(薄いけど高さや横幅がある)と思うんだけど、手に持ってみると「あれ?」と意外なくらい軽く感じる。AFで撮れることも含めて、そもそもこいつはすこぶるライトに振り回せるスナップシューターなのだ。

その本来の軽さを生かすなら、レンズも軽いほうがいい。鼻先が軽いことは、それほどまでにカメラ全体の体感重量を劇的に軽くする。

カメラが軽いと当然持ち出す意欲が自然と湧くし、実際シャッターを切る感覚も軽くなる。スナップ撮影においては、やはり軽いは正義なのである。

あと、このXF 35mm f2 R WRは鏡筒が細身でコンパクトなのもいい。X-Pro3のルックスに実に良く似合うのだ。開放値f2のレンズはf1.4のレンズらと比べると小さく設計できるし、それでいてボケもしっかり堪能できるから、ある意味究極にバランスのとれたレンズ。しかも、このR WRは防塵防滴だから、スナップシューターとしてはまさに無敵だ。

レンズ交換式でこのクラシックな佇まいのX-Pro3だから、レンズもなにかとこだわりがちなんだけど、そうすると割と鼻先が重くなることが多い。レンズ遊びとしてはそれも楽しいのだけど、スナップシューターとしての軽快さを引き出そうとするなら、軽いフジノンレンズはやっぱり最強だったりするのだ。

X-PROシリーズといえば、初代機のX-Pro1と同時に発売されたXF 35mm f1.4 RやXF 18mm f2 Rも当然の如く良く似合うわけだけど、防塵防滴というメリットを考えてもこのXF 35mm f2 R WRは一本持っていると撮影シチュエーションがぐんと広がる。

まあでも、いちばんはやっぱりそのコンパクトな佇まいと軽さ。X-Pro3に僕が求めるのはそここそが真骨頂なのだ。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。