カメラへの思い

僕の根底にはフィルムカメラで撮ってる気分がある。

FUJIFILM X-Pro3

厳密にいえばフィルムとデジタルは違うだろうと言われればその通りだけど、そういうのは僕の中ではもう一周していて、それでもあえてデジタルでもフィルムらしさを変わらず楽しみたいというフェーズに入っている。

そして、そういう段階に入ったことで、フィルムもデジタルも以前よりラフに向き合えている気がする。

フィルム関連のコストが大きくなったことでフィルムで撮る頻度はたしかに減ったけど、そのおかげというか、それによってデジカメでもフィルムライクに撮ることを覚えた気がするし、フィルムにしたってたまに撮ることがいい感じで息抜きみたいなひとときになっている。

フィルムには写真のおもしろさの原点を見出すことができるから、いまだにフィルムで撮れることには敬意を表しつつ、一方でカメラメーカー各社がカメラの未来、写真の未来を切り開こうとしているわけで、その躍動みたいなものにも「がんばれ!」とやっぱり思うからね。

そんな未来を切り開く動きに、しっかりとフィルムカメラやフィルム写真に対するリスペクトを感じることのほうが、なんかワクワクするんだよね。いや、正確にいうとワクワクしたくてカメラメーカー各社に期待してる。そして、カメラ開発陣の方々の姿勢に「変えるものもあるけど、変えてはらなないものもある」ということがまだまだ感じられるから。

写真はいま、いい意味で葛藤してるのかもしれない。スマホカメラで撮ることもある意味、手軽で便利な進化の結果だし、一方でそのあまりにデジタル的なスマートさに味わいとか物足りなさも感じない人たちがフィルム写真に回帰したり。そして、フィルムとデジタルが交錯したより新しい写真体験を模索するカメラメーカーの姿。

なかでも僕は体験価値としての「フィルムで撮るようにデジタルで撮る」という楽しさとか豊かさの進化に、大いに期待したいと考えている。変えていくものと、あえて変えずに残していくものの、絶妙の融合をめざして。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。