NIKKOR Lens

AF-S Nikkor 50/1.8Gは、あらためて良いレンズだと思っている。

AF-S Nikkor 50/1.8G, Nikon Df

ニコンFマウント用の単焦点レンズとしては最も手にしやすい、いわゆる「撒き餌レンズ」とも揶揄される50mm f/1.8のレンズだけど、そこはニコンにしたってキヤノンにしたって世界のカメラメーカーとしての意地があって、まったく不満のないレベルの描写を体感させてくれる。

AF-S Nikkor 50/1.8G, Nikon Df

僕は主にNikon Dfに装着して使っている。そう、Dfがレンズキットに選んだのも、この50/1.8Gだ。実はDfの登場に合わせて、この50/1.8Gのデザインをオールドニッコール風にしたSpecial Editionが作られたほど。もっと明るいf1.4で出してほしいとの声もあったけど、この50/1.8Gの身軽さを味わったら、Dfにはこのレンズこそよく似合うと再認識する。

AF-S Nikkor 50/1.8G, Nikon Df

Nikon Dfには往年のオールドニッコールのレンズたちがほぼすべて装着できるため、僕もAutoニッコールやAiニッコールをつけて撮ることが多いけど、いかにもオールドレンズらしい滲みのあるそれらの描写と比べると、このGレンズはモダンでクリアな写りをする。けれど、それは味が無いというのとは違って、ある種「綺麗」とか「端正」といった世界観を楽しむことができる。

AF-S Nikkor 50/1.8G, Nikon Df

なんといっても瞬時にピタッと決まるオートフォーカスは、やはりGレンズ以降の現行レンズならでは。僕は愛犬と散歩する時にDfをよく持ち出すが、片手で撮れるAFレンズの恩恵は意外と計り知れない。やはり一本は持っておきたいのがAF単焦点レンズだし、この50/1.8Gはボケの豊かさも色のりの美しさも、実はNikonの銘レンズの一つであると僕は思ってる。

AF-S Nikkor 50/1.8G, Nikon Df

新品でも二万円台、中古なら一万円台で買えるのは、実はとても貴重なこと。僕は顧客に感謝するニコンからのプレゼントだと思ってるから、価格を超えるそのクオリティは間違いなく「買い」だと思ってる。

最近はとにかくカメラもレンズも高価で、なかなかお金のかかる趣味になってしまってるけど、時代をリードしてきたニコンFマウントのボディなら何世代か前のカメラでも十分だし、加えてこの50/1.8Gがあれば、間違いなく幸福なカメラライフが送れるだろう。そういうところに一切手を抜かないのがNikonなのである。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です