FUJIFILM X-E4

X-E4はどうなるのか。 X-E5になるのか、それとも。

FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

あくまでまだ噂の域を出ないのだけど、FUJIFILM X-E4が販売終了(生産終了?)じゃないかという話がTwitterなんかで流れてきて、ちょっと驚いている。

なんでもX-T4もだそうで、X-T4のほうは年数からしてX-T5へとシフトすると言えなくもないが、X-E4に至ってはまだ発売から一年半ほど。普通ならちょっと考えられない短さである。

ただ、ここ一、二年ほど、X-E4は慢性的に品薄状態が続いていて、他のカメラメーカーも世界的な原材料不足による品薄傾向にあったとはいえ、特に富士フイルムのカメラはそれが顕著だったんで、もしかしたら原材料調達体制の見直しとかを試みないと現状を打破できないと踏んだのかもしれないね。あくまで憶測だけど。

X-E4はX-T4と並んでおそらくFUJIFILM Xシリーズ販売の屋台骨だったろうから、このままこのX-Eシリーズが消滅することはないと思うんだけど、そればっかりは分からない。X-E4が登場する前も、もうX-E3を最後にX-Eシリーズは無くなるらしいという噂もあったからね。

僕個人的には、X-EシリーズはRICOH GRと並ぶくらいコンパクトスナップ機の最有力機だと思ってるから、当然、カメラユーザーの間口を広げる役割的にも、なにかしらの形でラインナップに残っていってほしいと思うけど、そもそも無くなるかどうかも定かじゃないからなんとも言えない。

FUJIFILM X-E4, 7Artisans 50/0.95

希望的観測でいえば、近々にFUJIFILMのグローバル新製品発表会であるX-Summitが開かれるから、そこでX-T4の後継機情報と共にX-E4以降のシナリオみたいなことも発表されると活気付くなあとは思うけど、X-E4の登場からまだ一年半だから、果たしてどこまで「次」の用意がなされていたのかはなかなかむずかしいようにも思える。

仮にX-Eシリーズが無くなるとすると、いわゆるクラシックな軍艦部を持つ「カメラらしさ」が香る機種はX100VとX-Pro3、あとX-Tシリーズがそのまま進化すればX-T5ということになる。昨今の富士フイルムの新機種は一般的なモードダイヤルの機種が増えてるから、ここもクラシックスタイルの趣味カメラ好きとしては気になるところ。

僕はつい最近、写真のレンズ 7Artisans 50mm f0.95を手に入れて、それこそX-E4に超絶フィットするなと「レンズ交換式のコンパクトな写真機」のおもしろさをあらためて感じていたところなんで、X-E4の噂はやはり気になるところ。

手に入れておいて良かったなとも思うし、あまりに短命で品薄だったことから、これはプレミアがつくんじゃないかとすら思うけど、まだまだ予約して首を長くして待ってる人たちも少なくないと思うんで、販売終了はただの噂で真実ではありませんでした!となるのが最善の結果だとは思うけど、さてどうなることだろう。

ひとまず、近々開催されるX-Summitを見守ることとしよう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。