SIGMA fp

気軽に撮れて、濃厚な写り。スナップシューターとしてのSIGMA fp。

アフィリエイト広告を利用しています
SIGMA fp, 45/2.8 DG DN

ファインダーをのぞくのが好きな僕にとって、基本はファインダーを持たないSIGMA fpはちょっと別腹のようなカメラだ。

言うなればRICOH GRのようだ。背面モニターを見ながら撮影するわけだが、そのモニターも陽射しの強い日中は見づらかったりするから、結果的にあまり背面モニターも凝視しない。なんとなくの感覚でシャッターを切っていくのである。

でも、それがいいんだと思う。後付けでオプションのファインダーを装着してる人もいると思うけど、このカメラのもともとの立ち位置は「フルサイズなのに圧倒的なコンパクトさ」にあるだろうから、それを謳歌するなら「ライトに撮れる。気軽に撮れる」というのが、何よりもミソなのだ。

SIGMA fp, 45mm f2.8 DG DN
SIGMA fp, 45mm f2.8 DG DN
SIGMA fp, 45/2.8 DG DN

でも、気軽さはある意味で、撮っている瞬間の話で、撮れる写真はライトどころか物凄く濃厚だ。さすがはフルサイズセンサー機だと思うし、Foveonセンサーで培ったあのSIGMAならではの濃密かつ綿密な写りは健在。おそらく誰もが驚くレベルにあると思う。

この「気軽に撮れて、濃厚に写る」というギャップが人気の秘密なんじゃないかと思う。RICOH GRのそれも素晴らしいが、フルサイズのSIGMA fpはその感覚で上を行く。

写りの濃厚さについては、このブログの過去記事やSNSのほうにアップしているので、そちらをのぞいてもらえればと思う。

昨日のブログに、森山大道さんのスナップの話を書いたけど、写真を撮ること、写真を残すことの原点はスナップ撮影にあったりする。そして、スナップとはある種、何かを感じたら考える前に撮る俊敏さが、その骨格だったりする。

そういう意味てば、重さを感じずに手にぶら下げてどこまでも歩き続けられるSIGMA fpはスナップにうってつけのカメラだ。一瞬で反応してスナップを撮ることができる。このカメラだから撮れる写真が必ずあるのだ。

SIGMA fp, 45/2.8 DG DN
SIGMA fp, 45/2.8 DG DN
SIGMA fp, 45mm f2.8 DG DN

同じくSIGMAの優秀なAFレンズをつけて街を俊敏に切り取るもよし。時にMFのオールドレンズをつけて、レンズの癖をフルサイズの画角で堪能するもよし。さらには後付けファインダーなどをつけて拡張性を楽しむもよし。

こういう自由さを持ったカメラが存在することで、撮る人のスタイルもまた自由さを手に入れる。撮り手とカメラのいい関係性。SIGMAはそこが素晴らしいのである。

★今日の注目商品をチェック!