FUJIFILM X-E3

フジノンXF 35mm F2 R WRとX-E3の組合せは、完全にスナップシューターだね。

FUJIFILM X-E3, XF 35/2 R WR

防塵防滴性能とAF性能の良さで買い足したXF 35mm f2 R WR。午前中はまずX-T2に装着して試し撮りしてみたんだけど、午後はコンパクトなX-E3のほうに装着してみた。いやあ、感激するほど軽く、そして動作がスピーディだ。レンズ部はそこそこ長さがあるから前部には出っ張るけど、これはもう完全にスナップシューターとしての俊敏さだね。

購入する時にも、お店の展示品のX-E3に装着させてもらって、その機敏なレスポンス具合は確認済みだったんだけどね。ちなみにX-Pro2にも装着させてもらったけど、そのレスポンスの良さはX-E3のほうが軽快だったからね。X-E3のほうがX-Pro2より一年ほど後に登場してるから、やはり一年分の進化なのかなとか思ってる。X-E3は中身はX-Pro2と一緒だと言われるから、スナップシューターとしてとにかく軽快さを望むなら、X-E3は狙い目だと思う。

FUJIFILM X-E3, XF 35/2 R WR

X-E3にはこれまで常用レンズとしてフォクトレンダーのColor-Skopar 35/2.5 C-typeをつけていた。とにかくコンパクトなレンズでX-E3のボディへの落ち着き具合が良かったんだよね。写りもキレがあって僕好み。でもMFレンズだから、そこはライカ的というか予め距離を決めて目測撮影っぽく使うことがほとんどだったんだけど、このXF 35/2 R WRならもっとフランクにAFでスナップシューティングできる。あと防塵防滴だから、そこも天候を選ばす使える。

しばらくXF 35/2のほうはX-E3をメインに使ってみようかな。XF 35/1.4のほうはX-T2メインで、悪天候の時はXF 35/2に付け替える感じ。うん、少し常用イメージが固まってきた。いや、最初からそこのイメージを固めて購入しなよと言われそうだけど笑。イメージはしてたんだけど、ボディとレンズの相性っていうのは、実際に装着してしばらく過ごしてみないと分からないんだよね。そこはフィーリングだから。

またまたFUJI機の話になっちゃったけど、これが僕のまさに「いま」ということでご了承を。あ、あとね、補足だけど、このX-E3とX-T2はバッテリーが共用で使えるんだよね。これが地味にうれしかった。X-E3のバッテリーは予備もあるから、X-T2の予備バッテリーは買わずに済みました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です