Nikon FE

いずれ出てくるであろうZ fcブラックモデルは、こんな感じだろうか。

Nikon FE black paint

それにしてもNikon Z fcの発売日の発表が無いのである。僕の現状認識が正しいなら、発売予定日はいまだ明かされておらず、予約時に明記されていた2021年7月末、つまり最長で7月31日ということもあり得るし、ポジティブに考えれば7月20日過ぎあたりとも捉えることができる。Twitterなんかを見てると、予約した人たちがヤキモキしてるのがうかがえる。

まあでも、仮に納期が遅れても数ヶ月待たされるわけじゃない。事実、予約したタイミングが比較的遅かった人は、いまの様子だと7月中には手元に届かないという報道もあるし、なにより到着が遅れたからといって人生が終わるわけじゃない。別に発売直後に買わなくても、Z fcは当分の間、買おうと思えば買える現行品としてラインナップを続けていくのである。

しかも、僕の想像では、NikonはこのZ fcの出足の好調ぶり次第で、間違いなく一年後くらいにはブラックモデルを出すと思う。FUJIFILM X100がまさにデビュー時にシルバーモデルだけだったところを、一年後くらいにBlackリミテッドモデルを追加している、アレと同じ要領である。X100のブラックモデルは塗りの贅沢さからして格式を上げ、革ケースなんかもセットにして高価にして打ち出してきた。それがまたファンにはたまらないのである。

実際、こんどのシルバーモデルの初代機は見送って、ブラックモデルの登場を待つという人もいるだろう。それもまた、カメラを手に入れる方法としてはたまらないのである。僕なんかもX100はブラックモデルを手に入れたし、所有しているカメラもどちらかといえばブラックモデル好きだ。いちおう、Z fcについてはシルバーモデルを予約しているけど、最終的には実物を触ってしっかり確認してから、購入するかどうかは決めたいとお店の人と話してる。

そんなブラックモデルのことを考えていたら、所有しているNikon FEのブラックモデルのことを思い出した。いまは故障していてもう動かないんだけど、おそらく部屋のどこかにしまってあるはずた。現在、僕はFEはシルバーモデルを使ってるけど、あらためてこうしてブラックモデルのフォルムを眺めてみると、このNikon FE/FM系のデザインはブラックもたまらない存在感があることがわかる。

人気の機種は、かつてはかなり長い年月ロングライフモデルとして生き続けた。Nikon F3なんかも今の製品サイクルでは信じられないくらい長きにわたって販売され、その間にさまざまな改良モデルや派生モデルが発売された。それがまた人気を常に再燃させる手法にもなった。こんどのZ fcも、もしかしたらそんな夢を見ることができるロングセラーモデルになるかもしれない。ブラックモデルをはじめ、出てくる派生モデルをすべて揃えるという方はアレだけど、そうじゃない方は何も急いでZ fcを手に入れる必要もない。そのほうが、数年にわたり妄想を楽しめるかもしれないのだ笑。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です