digital PEN-F

忘れられないスナップシューターのひとつになってくと思う。OLYMPUS デジタルPEN-F。

Olympus PEN-F

忘れられないスナップシューターのひとつになってくと思う。OLYMPUS デジタルPEN-F。

今はもう僕の手元には無いんだけどね。でもこの精悍なボディデザインは好きだったな。そんなPEN-Fも噂されていた通り、どうやら後継機は出なさそうで、価格.Comあたりでも価格表示が消えた、というようなツイートを見た。もう新たな生産は終えて、あとは生産在庫を売り切って販売終了となる感じなのだろうか。

考えようによっては、生産終了になるなら手放さずにむしろ最終形モデルとして所有し続けていればよかったんじゃないかとも言えなくないけど、僕は夏の前の断捨離時に思い切って他のカメラたちと共に手放した。大好きな「スナップシューター」としての一台だったけど、僕のスナップ用カメラのベースとなるLeica M-PとRICOH GRの出動頻度をもっと重視したかったから、その他のスナップ用デジカメには目をつぶった、という感じ。

でも、メインカメラとして一眼レフやフルサイズミラーレスは持ってるけど、スナップ用の軽量コンパクトなカメラは持っていないという人なら、俄然候補に入れてみていいんじゃないかな。実際、この見た目以上に手の中でコンパクトに扱えるファインダー付きのカメラは、なかなか機動力がある。これは、触ってみて、持ち出してみて分かる、まさに実用品としての魅力なんだよね。

もちろん、マイクロフォーサーズという小さなセンサーサイズなんで、フルサイズやAPS-Cのような濃厚で芳醇な写りを期待しすぎると、ちょっとライトな写りで物足りないかもしれない。それとオールドレンズ好きの人からすると、焦点距離が2倍になることも、どこかレンズの味をすべて使い切っていない感じがして、ちょっとなと思うかもしれない。

僕もフルサイズのLeica M-PやAPS-CのGRと比べたんで、そこはやっぱり分が悪い。けれど、単に写りだけじゃなくて軽快さやプロダクトとしてのクールさまで鑑みると、これほどバランスの高い一台も無いかもしれないんだよね。

その証拠にというか、僕のブログの中ではこのPEN-Fやマイクロフォーサーズと題した記事が一、二を争う多さで読まれている。みんな、強烈にではないけど、どこか気になってる一台というのが、このカメラのまさに立ち位置なんじゃないかと思う。

生産終了となると、これから新品は価格が高騰するんだろうか。程度のいい中古品も値は上がるかもしれないね。まあまだ正式に生産終了が発表されたわけじゃないだろうから、あくまで憶測の範疇だけど、ずっと心のどこかでPEN-Fのことが気になっている人には、ちょっと判断時かもしれないね。

僕はスナップシューターとしては、フルサイズのLeica M-PとAPS-CのRICOH GRにその役目を託したけど、カメラはほんと使い方次第だから、PEN-Fがライフスタイルにフィットする人なら、これはなかなかの伝説の一台になるかもしれない。そのくらい、スナップシューターとしての価値なら俄然候補に躍り出てくるのが、このPEN-Fというカメラなのである。僕にとっても、手放したとはいえ、忘れられない一台になるだろうな。

関連おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です