FUJIFILM X-Pro1

いつもの写真とはちょっと違うかも。初めてRAW現像した写真たち。

Fujifilm X-Pro1, Carl Zeiss Planar T*2/50 ZM

実は、僕はこれまでデジカメで撮る時はJPEG一辺倒だった。元来、面倒くさがりでレタッチする時間があったらその分一枚でも多く撮りたいという気持ちがあったし、撮った後に現像と言う名の加工を加えるのはどうもしっくりこないところがあって。でも、Twitterの中なんかで写真好きな人はやっぱりデジカメでも「現像」を普通にしていて、僕も食わず嫌いはダメだなあなんてどこか思ってた。

SIGMA dp3 Quattro
SIGMA dp3 Quattro 白黒変換

数日前かな、やっぱりTwitterの中の人の言葉で「じぶんで釣った魚を、じぶんで調理しないのはもったいないじゃないですか」というのを聞いてハッとしたというか、それがすごく腑に落ちたというか、RAW現像の意味をやっと理解できたような気がしたんだよね。ずいぶん遅い気づきだけど笑。

SIGMA dp3 Quattro
Fujifilm X-Pro1, Carl Zeiss Planar T*2/50 ZM

で、GW10連休の3日目にしてようやく「RAWで撮って、Lightroomで現像しよう」と思い立ち、あいにくの雨の中をRAWセッティングにしたSIGMA dp3 Quattroと少し近所を撮り歩いてみたんだよね。ところがひと通り撮り終えて帰宅し、契約したLightroomにRAWデータを読み込もうと何度か試すんだけど、どうも上手くいかない。んー、と悩みつつグーグル先生に聞いてみたところ、どうやらFoveonセンサーで撮ったSIGMA機のRAWデータは「X3F」なるもので、普通のデジカメのRAWデータのようにはLightroomに読み込まない仕様だと分かる。で、そこからSIGMA Photo Proというメーカー仕様の現像ソフトに切り替えて現像してみた。ここに載せてあるSIGMAの写真たちは、すべてSIGMA Photo Proで現像したもの。

SIGMA dp3 Quattro
SIGMA dp3 Quattro 白黒変換

あ、ここに載せている写真はすべて現像後のもので、現像前のJPEGの元画像は割愛してある。比較することが目的なら使用前・使用後みたいに元画像があったほうが分かりいいのかもらしれないけど、それはなんだか答えがストレートすぎて夢がないというか、単なる比較レビューになっちゃう。僕は比較したいんじゃなくて、現像という工程に目を向けてみたことを書きたかったので、そこはイマジネーションで僕の普段の写真と比較してほしい笑。

Fujifilm X-Pro1, Carl Zeiss Planar T*2/50 ZM
Fujifilm X-Pro1, Carl Zeiss Planar T*2/50 ZM

で、結局カメラをFUJIFILM X-Pro1に持ち替えて、ただたび雨の中をRAWで試し撮りして、こんどは間違いなくLightroomにデータを読み込んで現像することに成功。というか、とても分かりやすいUIで想像以上に簡単に現像までたどり着けた。ただし、今日のところは前出のSIGMA Photo Proも、その後のLightroomも「自動補正」か「白黒変換」という、とてもスタンダードな現像パターン。とても初日からアレコレいじる気力はまだ無かった笑。

SIGMA dp3 Quattro
SIGMA dp3 Quattro 白黒変換

デジカメ写真のレタッチといえば、僕がまずイメージするのは「デジカメの写真をいかにもフィルム調に仕上げた写真たち」の、あの風合い。僕もフィルム好きなんで、あの感じをいつかはやってみたいなと思うけど、あそこまでデジカメっぽくない写真にするレタッチはたぶん相当のもの。あんな風に現像できるようになるには、どれくらいのエネルギーを注いでカスタマイズしていく必要があるのかと考えたら、ちょっと天を仰いだ。今日のところは現像感覚だけ理解するところでやめておこうと笑。あとね、現像はモノクロがおもしろいと思った。Lightroomだとデフォルトの白黒パターンもいくつもあるしね。

SIGMA dp3 Quattro

というわけで、なんだか脈絡のない記事だけど、まあ現像初日の気分だけここに記憶に残しておこうというポストなのでそこはご了承を。ひとつ言えるのは、Lightroomの現像は想像したよりうんと簡単でとっつきやすいということ。デジカメの現像未体験の人はぜひ一度経験を。僕もずっと現像し続けるカメラスタイルに転換していくかは、もう少しLightroomを使い込んでから検討してみようと思ってる。仮にJPEG派に戻ったとしても、RAW現像なるもののらことを知っていることはとても意味があることのような気がしているのでね。ところで、どうかな?、いつもの僕の写真と違うかな。

VSCOの無料版プリセット10パターンを試してみた。 VSCOのiPhone用アプリは数年前から入れていて、入れた当時はフィルム調写真にどこか憧れてたまに使っていたけど、最近はiPh...
関連おすすめ記事

POSTED COMMENT

  1. YOU より:

    私は一時期RAW撮影現像していましたが(M9時代)、手を加えることの違和感と手間(デジタルは撮影枚数が多いので、フィルム以上にコマ選定や現像に要する時間が大変)が原因で今はJPEGのみです(先々のことを考え一応RAWでも撮影保存)。特にFUJIFILMのカメラを使うようになってからは全くRAW撮影(現像)の必要性を感じません笑。
    ライカM-P(JPEG)はLightroomElementsにGoogleから無料提供されているSilverEfexPro2で各社モノクロフィルム調への変換加工(ACROSもあります!)をしています。

    • kiokucamera より:

      僕も最終的にはJPEG撮影オンリーになりそうですが、RAW現像の経験だけはしておいた方がいいかなと思って、平成のうちにちょっと始めてみました^ ^
      そのSilverEfexPro2!いいですねー、ちょっと調べてみます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です