フィルムカメラ

中古カメラ屋へ、掘り出し物を探しに行こう。

Kodak Signet35

フィルムの値上げの噂が飛び交う毎日だけど、だからこそこれからフィルムカメラを始めようという人は、カメラ本体のほうはできるだけリーズナブルなモノを見つけたいもの。

それも、ただ安いモノじゃなくて、これは見っけもん!と思える「いいモノが、安くなったモノ」と出会えるのが理想だし、それがある意味、中古カメラ選びの醍醐味だったりする。

もちろん、いまの時代ならネットでレアなカメラを検索したり、オークションサイトやフリマサイトで探すのも有効な手段だとは思うんだけど、何が出てくるか分からないおもちゃ箱をひっくり返したような中から「掘り出し物」を見つけ出すなら、やっぱりリアルな中古カメラ屋をのぞくのが楽しいし、意外な逸品に出会える可能性もある。

意外な逸品というのは、そう、肉眼で実際に見たり触れたりして思わず「ピン!と来る」というアノ感触。立体的な艶かしい輝きとかラウンド具合に惹きつけられ、これまでは意識してなかったけど、よく見るとこれいいな…というのは中古カメラ選びにおいては良くあることです。

そういう五感に反応する良さというのは、ネット上の商品写真や解説文だけではやっぱりなかなか分からなくて、特に「直感で、これいい!」と思えるカメラは、大抵リアルなカメラ屋で突如として反応することが多いんだよね。カメラクラスタな方々は、よーくお分かりだと思う笑。

クラシックで愛らしいKodak Signet35

たとえば、このブログに載せている写真のカメラはKodak Signet35なんだけど、特にこれといって目当てのカメラもなく中古カメラ屋をふらりとのぞいた時に、ショーケースで見つけてハッとしたもの。

値段はたしか一万円ちょっととかじゃなかったかな。しかも美品のケース付きで。あのKodakの銘レンズEktarが、そんな価格で味わえるのである。こういう掘り出し物に時として出会っちゃうから、中古カメラ屋に立ち寄ることがやめられないのである。

Kodakといえば、Retina1と呼ばれる初代機も、たまたま中古カメラ屋をのぞいた時に見つけて、その惚れ惚れする佇まいに魅せられて連れて帰ったカメラ。

Kodak Retina type117

ちなみにSignet35もRetina1(type117)とレンズ部を外せば簡単にレンズ清掃もできるんで、かなり写りのほうも素人でも蘇らせることができる。ちょっとした工作のようで、やっぱりクラシックなカメラは楽しいなと。

あと、ほぼ未使用と思える使用感のないNikon Fのブラックボディを見つけて、これまた思わず連れて帰ったことも。中古カメラ屋をのぞくまでは、まったく意識していなかったカメラたちなんだけど、中古カメラ屋をのぞくのは、この偶然性がたまらないのである。なんか、写真を撮る時の偶然性にもちょっと似ている気がする。

Nikon F アイレベル ブラックペイント

ほかにも挙げるとキリがないんだけど、とにかく中古カメラ屋をのぞくと、想定外のうれしい出会いがちょこちょこある。その、何と出会えるか分からないワクワク感は、ちょっと他のモノでは思い当たる世界がない気がするのは僕だけだろうか。

なんか最近、おもしろいコト無いなあ、なんて感じてたりするなら、これはもう一択で中古カメラ屋をのぞくことをおすすめします。もしもの時に備えて、一万円札をニ、三枚くらい持って。でも、使わずに帰る確率のほうが高いと思うから、あくまで掘り出し物に出会った時のための保険として。

でも、まあ、掘り出し物に万一出会えたら、それはそれで安い買い物だ!と思えてハッピーなんだけどね笑。平日の夕方に友人知人とふらりと寄るもよし、週末にひとりで探索に行くもよし。いいカメラと出会えたら、派手にツイートで見せびらかせてください。次の誰かの刺激のために…笑。

★今日の注目商品をチェック!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。